« 変幻自在 | トップページ | ちょっとした悲劇の餃子 »

2008年10月28日 (火)

秋だ、パスタもとまらない!

ところで・・・いくら韓国好きのわたしでもいっつもいつも辛いラーメンばかり食べているわけではありません。                                          最近“おうちでパスタ”をすることが多く、トマトソースやクリームソースを手作りといったってお店で出されるものにかなうはずもなく、となればお手軽なレトルトパックを使うことが多い今日このごろです。

Pasta5_2    

S&Bは全体にお味が濃い目に仕上げてありますのでパスタの量を増やしてもイケます。
青の洞窟はいかにもイタリアの孤島みたいなネーミングですが実は日清です。
無印良品は箱がなくレトルトパックのままですのでお値段がやや安めです。
箱入りはシェフの顔をば~んと看板にしてあって、売り場では色んなシェフと目が合いあちらを立てればこちらが立たず・・・困ってしまいます。

さてこの中では、青の洞窟の“カルボナーラ”(写真はありません)と無印の“蟹のトマトクリーム”(写真左上)がかなりわたしのお好みです。しかし、その上を行くのが青の洞窟“魚介のカルボナーラうに仕立て”です。

        Photo

大き目のみじん切りにされたアサリとイカがしっかり確認できて、さらにウニの風味が漂うラグーソース(と言うらしい)、生クリームのクリーミーな旨みに濃厚なチーズのコクがプラスされたカルボナーラソース、このふたつを混ぜてパスタにかけます、ああ気分はすっかり青の洞窟、 日高良実シェフのひとり勝ちです。

              Photo_5

さて、無印良品のパスタソース売り場にはアジアンテイストのソース類が豊富に並んでいます。その中で“豚味噌炸醤”というソースは“ごはんにかける”とウタッていますが、これは麺にかけるとまさに“ジャージャー麺”です。

           Jajamyon

やっぱり最後はそこへ行ってしまいました・・・。

|

« 変幻自在 | トップページ | ちょっとした悲劇の餃子 »

コメント

う~む、腕組みをしていないシェフは
居ないのだろうか。
が、日高しぇふ、いい味出してます。(笑)

カルボナーラ。
昔から、あまりに感動して一気にいただいてしまい、
いつも「もたれて」しまいます。
でも懲りないんだな。

そういやあ、あの川谷拓郎サンが
粉チーズ大好きなヒトで、
パスタに吃驚するほどの分量を掛けていたっけな。
なぜか思い出しました。(私もかなり
粉チーズ女ですだよ。やば。)
糸のように削ったチーズがとろとろ溶けて絡むのも
たまりまへんが、おうちでは出来ません。(めんどうくさくて。)

あああ・・・・誘惑が多すぎる・・・happy02

投稿: miyuki | 2008年10月29日 (水) 08時55分

reiさん おはよう~maple

う~む、reiさんはケーキ↓もパスタもこってり系がお好みのようで・・・ catface
アカン。わたし、読んでるだけでなんだか胃がもたれてきましたわ coldsweats01

今、ほぼ週2ぐらいの割合で食べてるお気に入りのパスタ(ソース)は、(カレーうどんの次によく作るかな?bleah
石田ゆり子さんお薦めのレシピで、
【白ねぎの刻んだの】・【おかか】・【おろしニンニク】・【オリーブ油】・【しょうゆ少々】をまぜまぜしたのを、
細めのパスタと和えるってやつ。もしあれば、これに【納豆】も加えます~delicious
え?貧乏くさいですか?(ゆり子さん、ゴメン)

年のせいでしょうかね(汗)
見るもの聞くもの?口にするモノ・・・heart
あっさりしたんがエエですわ smile

投稿: のりりょん | 2008年10月29日 (水) 11時43分

restaurantmiyukiさん
おっほっほ、やはりあなたは“ちーざー”でしたかsign02

昔は赤色トマト系パスタ、いやスパゲッティにしか粉チーズはついてこなかったもんですが、今ではクリーム系にも粉チーズがついてきますね。
「お好みでどうぞ」
とか言われこじゃれた器で珍しいチーズを出されるとお好みでなくてもかけなきゃ損みたいにかけてしまいます。
あと目の前でチーズをおろしてくれるところなど
「よろしいところでお声をおかけください」
ってガリガリやられると、もうちょっと・・・と思っても
「あっ、もうそのへんでいいです」
って言ってしまう小市民。
お店でパスタも気合入れて行かないといけない、タイヘンな世の中になったもんです。

反比例して姿を消したのがタバスコでしょうか。
うちの冷蔵庫にもありますが、ラベルが取れてて賞味期限の確認ができない。。。

miyukiさん、温めるだけのソース、色々出てますのでお試しください。細切りチーズもかけて・・・。

ソースのかかったコンビニのパスタをパソコンの前でひとりで食べてたりする休みの昼食、けっこううまい!一瞬、夜もこれでいいやとか思う、こうなったらのらくら生活も末期ですぜ、げほげほ。

投稿: れいち | 2008年10月29日 (水) 21時01分

restaurantのりりょんさん
そ~お?くどい?
わたし、人間的にはあっさりしていると思うし、食べ物もあっさりしたのが好きですよ。
(バタクリ、カルボナーラで、どこがあっさりしてるねん!ってか?)
でもオトコは断然あっさりとしたのがいいわ、顔も中身も・・・。

石田ゆり子さんおすすめのパスタ、めちゃめちゃあっさり系で、これは敢えてパスタにしなくても皿うどんとしてもイケそうなソースですね。貧乏臭いとは言いませんが、金持ちはこうやって残すんだなと思いました(えっ?そこはかとなく貧乏臭いと言ってる?)

そうそう!和風と言えば・・・QPの“パスタのためのオイルソース、醤油&ペッパー”っていうビン入りのソースというかドレッシングは茹でた麺にかけるだけ、おいしいです。
水菜とちりめんじゃこのサラダにかけてもおいしいです。

大きな声じゃ言えませんが、上段右端のソースはイマイチでした。

投稿: れいち | 2008年10月29日 (水) 21時18分

青の洞窟のウニのやつ、
前から食べたいと思ってたんだよねぇ。
やっぱ、絶対に買ってこよ~。

目の前でチーズを削ってかけてくれるとき、
いつもどの変で止めたらいいのかすごく悩みます。
ホントは山盛りほしいんだけど、
あつかましいと思われないかとかさあ。
ほんっと、シャイなわたし・・・

投稿: 湖知流 | 2008年10月31日 (金) 13時00分

restaurant湖知流さん
>青の洞窟のウニのやつ・・・
ふふふ、おいしいでっせ。
麺は塩を入れないで茹でる“金のパスタ”平たいタイプがもっちもちでよく合うと思いますだおかだ。
しかしこのソース一箱がポム・ダムールのモンブラン一個くらいのお値段・・・うちの場合、家族4人で食べるとなるとこれが結構な出費になりますのよ、お~っほっほ、ほ。あ~あ(泣)

ケーキ屋さんでいっぺんに複数のケーキを注文して平らげるあなた!
>ほんっと、シャイなわたし・・・

しばきますよpunch

投稿: れいち | 2008年10月31日 (金) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/24792205

この記事へのトラックバック一覧です: 秋だ、パスタもとまらない!:

« 変幻自在 | トップページ | ちょっとした悲劇の餃子 »