« 毎日、口にするものだから | トップページ | “残り香”のハナシ »

2008年2月 3日 (日)

節分

今日は節分。
今年の恵方は南南東、巻き寿司1本食べ終わるまで喋らないで、恵方に向かって願かけながら丸かぶりするという慣わしは関西だけのものでしょうか!?
こちらで大手コンビニの恵方巻きを紹介しており、関西関東では若干具が違うようです。
うちでは毎年、巻き寿司は家で作ります。七福神にちなんで七種の具を巻くという説もありますが、こどもたちの食べられる大きさに合わせて、それぞれの好きな具を巻きます。

れい 「巻き寿司の具は何がいい?」
あね 「エビマヨ」
うー  「ツナマヨ」
B男  「わたし、今夜はイッパイ飲み会ですので要りません」
    「・・・・・(`~´)・・・・・」
B男  「あっ、やっぱりかっぱ巻きの細~いのを1本残しとい     
     て!・・・ください」

世帯主よ!豆まきは2月3日の行事ですから、日付が変わるまでに帰ってきてくだされや!!
Photo

|

« 毎日、口にするものだから | トップページ | “残り香”のハナシ »

コメント


B男君がいない夜

と言うことは、鬼役は当然・・・

鬼はぁ~~、外っ!

投稿: ふじ | 2008年2月 3日 (日) 18時29分

美味しそうっすねぇ

ここはそういう習慣は無かったのに近年、それに乗っかった企業のおかげでスーパーにもコンビニにも『恵方巻き』なるものが売られております。

流行りのものに踊らされるような気がするのか、
「そんな風習はここにはない!だから、普通に食べろ!」
なので、ばあちゃんの買ってきた『恵方巻き』も玉男さんは普通に切って食べます。

私もそういう習慣のないとこに生まれ育ったので節分だからといって特別なことはない普通の日でした。

これって関西のほうの習慣だったのか。

投稿: みどちん | 2008年2月 3日 (日) 18時44分

すっご~~!!
>毎年、巻き寿司は家で作ります・・・って、
さすが主婦の鑑!パクシュ~~♪(なんかくれる?)

>巻き寿司1本食べ終わるまで喋らないで、恵方に向かって願かけながら丸かぶりするという慣わし・・・
そうそう、この慣わしは結婚して初めて(京都に住んでた頃)知ったことでした。
今年はちょうどPCが南南東向きだったので、DVD(遅ればせながら『快傑春香』を。^^;)観ながら無言で食べましたよん♪
んで、巻き寿司嫌いなO男は、ただの豆を51個?ビールのあてにつまんでおりましたわ。

みどちんさん
玉男さんだけに、具は「玉子」だけは外せませんよね?ぷぷ。^m^

投稿: のりじょん | 2008年2月 3日 (日) 19時30分

ふじさん
B男くんは雪でべちゃべちゃになった道をちゃんこ屋さんへ行きました。
鬼ばっかり集まって『酒呑童子』になって、帰り道に退治されないように祈ります。

豆は・・・みんなが年の数よりひとつ多めに数えて、ひとつは後ろへ放り投げて残りを食べる・・・ってこのへんだけの風習かなぁ。

近くのお宮さんでは年男ばかりが豆まきをして、鬼役にぶつけます。この時間、そろそろその催しも佳境にはいったころです。
こどもたちが小さい頃はよく見にいきましたが、寒いからや~んぺ。
あぁさぶっ、今夜は寒いです。

投稿: れいち | 2008年2月 3日 (日) 19時46分

みどちんさん
さむいっすねぇ・・・。

わたしの生まれ育ったところも節分と言えば、裏口にヒイラギさして、いわしを食べるくらいでした。
いつごろからでしょう、巻き寿司を食べるようになったのは・・・!?
あっ!いわしの頭もヒイラギと一緒にさしてましたっけ。

↑の豆まきする神社でヒイラギの代わりになるお札をいただき、玄関と勝手口に貼ります。
以前は、町内から一括して寄付してお札をいただいてましたが、個々の宗教観の違いからそれもままならず、個人でいただきにいかねばなりません。
最近はスーパーでも豆とかいわしを買うと、ヒイラギをつけてくれたりしますね。
ここに家を建てたとき、鬼門にあたるところには南天裏鬼門にはヒイラギを植えましたが、ヒイラギはいつのまにか枯れました。これじゃあかんね!?あはは。

コンビ二では、ロールケーキまで巻物として売ってます。ここまでやられると・・・どうかと思うわ。

投稿: れいち | 2008年2月 3日 (日) 19時59分

のりじょんさん
ちょっとぉ!O男さんは、けっこう好き嫌いが多いのねぇ、やりにくぅ。
その点うちのB男くんは何でも食べますのでやりやすいよ~(^^v
強いて言うならば豆ご飯が嫌い、までいかず、苦手くらい。
おりこうでっしゃろ!?

ところで、夕べ『チューボーですよ』で見たキムチチゲがやたらおいしそうでしたが、B男くんは休みの前の日しかにんにくものは食べないので、今夜は無理だな、って思っていたらいきなりの飲み会。
そこで急きょ、巻き寿司+キムチチゲでした。
巻き寿司はキンパプでもよかったかな!あ~ん?

『怪傑春香』
映画『うつせみ』での演技が光るジェヒのドラマですね。
わたしは先に『怪傑・・・』を見たので『うつせみ』ではずっとモンリョンでした。

《註》
パクシュ  拍手
快傑春香 韓国ドラマ、主役の女優は胸が不自然にでかい
キンパプ  韓国の海苔巻き、ご飯は酢飯ではなくごま油と塩味
      道端でも屋台でも売っている、差し入れ好適品
玉男さん みどちんさんのダーリン、正式には『タマタマの玉男』
      夏場のお出かけはキティちゃんサンダルで、
      同伴の家族を驚かせたというエピソードの持ち主

投稿: れいち | 2008年2月 3日 (日) 20時31分

今晩は~。
我が家の方では「恵方巻」なんて数年前から見聞きするようになった新参食です。が、去年スーパーで買ったヒレカツ恵方巻が食べたくて大雪の中、買いに行きました。いぬくん、満足したかい?
母は半分以上あきれていました。(自分でもあきれた)

恵方巻ならぬ阿呆巻…。
きっと来年も買っちゃうと思います。

投稿: おこじょん | 2008年2月 3日 (日) 22時16分

え~っと。。。
いぬくんじゃなくいておこじょんさんのお越しなんですね?
こんばんわ。
今回の雪は、そちらの方がよく降って積もったようですね。
今日は朝早くからあねが就活で神戸に行く予定でしたが電車がとっても遅れてて、結局帰ってきました。
峠は越したようですが、明日の朝の凍結が心配です。
で、雪の中、ヒレカツ巻きを買いに出かけた、と。
執念ですね。
そんなにおいしいの?
で、恵方巻きを阿呆巻きと称したのはお母さん?うまいこと言うなぁ^^

わたしはこっそり言うと・・・かんぴょう巻きがけっこう好きなんです。写真㊨四角いお皿の左の方、ね。

なんとか今日中に豆まきを終え、まろんも豆をもらいました。
「福は~うち」
で玄関から豆をまいたら、狂ったように回ってました、犬。

投稿: れいち | 2008年2月 3日 (日) 23時39分

B男さん、無事帰ってきました?
今日(もう昨日だ・・・)は家から出ませんでした。
車庫の雪かきしてないの、ウチだけだ、と
帰宅した妹に冷たい目で言われましたが、
腰痛もちなので、ムリは致しません。^^;
明日は晴れてちょっと暖かいらしいので、
融けるでしょ。(楽観的)
一年のうち降るか降らないかわからない雪ですが
かつて初心者の時怖い思いしたのと、
うちのまわりにはちょっとした坂がけっこうあるものので、
今乗ってる車はなにげに4駆です。

去年は寒い中売ってるコンビニの店員にほだされて
恵方巻き、買って帰りましたが
そんなわけで、今年は無しでした。

れいちさん、むこうに見える椿の絵のお皿、
そそられます。季節限定、オサレですねえ。

投稿: miyuki | 2008年2月 4日 (月) 01時16分

若き頃、○僧寿司でバイトをしていた関係で、毎年恵方巻きはブイブイ言いながら自分で巻きますが、今年はクリスマス同様、休日でありながら仕事だったので買いました。
我家はもっぱらサラダ巻きが好評なので、それを求めて2軒、3軒廻るものの結局サラダ巻きはなく、普通のばかり買い足して3社の味くらべとなりました。

今年は1本丸かぶりがしんどくて半分で中断。あとはアルコールと一緒にゆっくりいただきましたが、
「これは硬く巻きすぎ。素人の仕事や」
「具が甘いばかりで味に締りがない」
などと、やっぱりブイブイ言いました。

来年からは私の分は細巻きにしよ~っと。
reiさんとこのは中巻きって感じですかね。
エビマヨがおいしそうやねえ。

年の数より1つ多く豆を数えて後ろに放る・・・その年の数って、今年なった数え年だよね。
どうして次の年を放るんやろね???
って、そんな事言ってたら、巻き寿司の無言丸かぶりの方が変な風習だヮ。
で、「今年の方角」っていったいどうやって決まるわけ?

投稿: bonn | 2008年2月 4日 (月) 10時36分

巻き寿司を自分で巻く・・・偉いです!!
わたしゃ、もう何年巻いてないだろ。
でも巻き寿司(買ってきたヤツ)はきっちりいただきました。
夕ごはんの用意が楽だから・・
でも、切ってしまいました。
そのままだと、ひとり一本責任を持たないといけないじゃん。食べきれないもの・・。
それに、喋ってしまいました。
食べる間中だのってるなんて、そりゃアナタ、無理!
豆まきも子どもが小さいときしかしてませんねぇ。
だって散らかるじゃん。
大声で外に言うの恥ずかしいじゃん。

というわけで、我が家の節分はかなりいい加減です。

投稿: 湖知流 | 2008年2月 4日 (月) 10時43分

miyukiさん
ひとたび都会を雪や台風やって自然現象が襲うと、ニュースではさも日常生活が機能しなくなったみたいな扱い方ですね。
冬なんだから雪も降ろうぞ、交通機関にも支障が出ようぞってもんですわな。
ハイヒールで歩く娘さんや新幹線に閉じ込められたビジネスマンばかり大写しになるのは仕方ないことなんでしょうかねぇ。

こちら今日一日ですっかり雪は溶けました。

実はわたしも雪道の運転が何より苦手、肩は凝るし目は疲れるし、滑ってぶつかる危険のある日には出ないに限ります。

>椿のお皿・・・
そうですか、季節限定でこそ映えるんですね。
意識しないで使ってました。
そういうところに気を配る人や何気ない写真から見つける人こそおさっれな人だと思います。

投稿: れいち | 2008年2月 4日 (月) 18時06分

昨日は、雪だとゆ~のに年下のオトコにうつつを抜かしに
イッテまして・・・
帰って来るなり、「鬼は~外ッ!!」とB男&AB娘に豆を投げつけられたので(-"-)、そのまま豆合戦と相成りマシタ(笑)

私は、節分の豆が苦手なので「撒き専門」で食べません^^;
が、恵方巻きは、私の好きなお店のを買って来てくれてましたので、
夕食は済ませてきたのに食べちゃいマシタ(^^ゞ

で、カロリー消費も兼ねて?、B男と遊んであげましたとさ(#^.^#)
フォローしておけば、股遊びにイケるし~ッ^m^

投稿: mojo | 2008年2月 4日 (月) 18時18分

bonnちゃん
巻き寿司得意なんでしたねぇ。
うちは、残りご飯(炊きたてじゃないところが邪道)をちゃっちゃと酢飯にして納豆やたくあんを巻いて片付けます。
こどもたちはお寿司だと海苔を食べますが、おにぎりだとゼッタイに海苔を巻かないでといいます。
歯にくっつくからです。
そう言えば・・・
たこ焼き、お好み焼きなどにもいつのころからか青のりをふりかけなくなりました。

>「これは硬く巻きすぎ。素人の仕事や」
>「具が甘いばかりで味に締りがない」

どきっ(^^;
うちのお寿司これかも・・・。
おまけに細巻き、中巻きでも海苔は一枚使うから二重になってて噛み切り難い。

>恵方の決め方・・・

年末に新聞屋さんからいただく薄っぺらい『易断暦』に書いてると思います。
以下Yahooの知恵袋からお借りしました。

毎年、発行される方位吉凶図で示され、歳徳の方角となります。いわゆる暦の小冊子に記載されています。
歳徳とは、福徳の吉神である歳神様(歳末神)のことで、門松を目標にして宿り、正月飾りを通って、家中に入り、歳徳神のお供えものである鏡餅の前に鎮座します。
さて、歳徳神の在する方位(すなわち恵方)は、その年の十干によって決まります。
甲と己の年は、寅と卯の間の方角(甲の方、東微北)
乙と庚の年は、申と酉の間の方角(庚の方、西微南)
丙と辛と戊と癸の年は、巳と午の間の方角(丙の方、南微東)
丁と壬の年は亥と子の間の方角(壬の方、北微西)

投稿: れいち | 2008年2月 4日 (月) 18時24分

湖知流さん
豆まきは楽しいですよ。
外には思い切り投げます。庭や玄関先に豆が飛ぶと後々踏んだら始末に悪いので思い切って前の道路まで投げますと、鳥がついばみにきてきれいにしてくれます。
家の中にはさすがにちょっと躊躇して撒きます。
そして終わったら速攻掃除機をかけます。
今年は豆まきの声、隣近所から聞こえませんでした。
こういう伝統って、私たちの代くらいで終わるんでしょうかねぇ。
実家の豆まきはもっと緊張感をもってやっていたように思います。豆の数え方も間違ったらその年半ばで死んじまうくらいの気合をいれていたような・・・。ふざけていい加減に豆を数えていたこどもに
「そんなことしてたらひとつ大きくなれへん」
とかなんとか脅しをかけてたんでしょうねぇ、トラウマになってる。
あと、食べる分とは別に年の数だけ豆を数えて半紙などで包み、厄落としで有名な神社の橋の上から投げ落とすという習慣があります。
一緒に破魔矢やお札、注連飾りも落とすので橋の下はすごいことになってます。
ああ、お賽銭も投げます。
いちいち開く係の人も大変でしょうなぁ。

投稿: れいち | 2008年2月 4日 (月) 18時40分

mojoさん
巷に鬼がうじょうじょしてるっちゅう夜に、ライブでっか!?
楽しかったみたいで、よかったですね(はげしく羨望)
mojoちゃん「撒き専門」ね?
わたし「巻き専門」の夜でしたわ。

ところでわたしも豆を食べるのは好きではありません。口の中ぼそぼそするし・・・お茶で流し込みます。
が、最近はお弁当に豆を入れるようにしてます。
フジ○コの昆布豆とか金時豆とか。
以前ほどお味噌汁も食べないし、そうでもしないとなかなか大豆イソフラボンは摂取できないですもんね。
わたしが小さいころ母は、豆まきで残った豆を炒ってお砂糖と生姜で味付けしてました、けっこうおいしかったけど、それも最初のひとくちふたくちだけ、プチ親不孝だったな。

投稿: れいち | 2008年2月 4日 (月) 18時50分

神様って何人もいらっしゃるのでしょうねえ。
なんといっても日本は八百万(やおよろず)の神様の国ですから。
そして、その神様たちは、新しい年が明けた瞬間にフルーツバスケットのように、おわす席をいっせいに移動されるんですね?
・・・・ふ~ん。
素敵なお話をありがとう。

我家の豆まきは1粒ずつ。
1粒くらい気にならないので、いつまでも部屋のすみにころがっています。

殻つきのピーナッツを蒔けば拾って食べられるから、それを蒔く人いますけど、この年になると、ピーナッツはそんなには食べられないよねえ。

投稿: bonn | 2008年2月 4日 (月) 19時04分

bonnちゃん
そうそう!
お風呂でおしっこしたらお風呂の神さんがバチ当てはるとか、トイレを汚く使ったら便所の神さんが怒らはるとか・・・
何かにつけて神さんが見てはるんです。
八百よろずの神様は、天の高いところだけじゃなく、日常のそこここにおわしますのじゃ。

長らく日本人の倫理観を支えてきたバチ当たりの概念や「そんなことしたら世間様に笑われる」とかの恥の文化はどこかに消えちまって、ニッポン列島よ、どこへ行く~~~?

とりあえず、bonnちゃんよ、掃除の神さんが見てはるさかい、部屋の掃除して隅っこのお豆さん回収しなはれ。

投稿: れいち | 2008年2月 4日 (月) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/10233379

この記事へのトラックバック一覧です: 節分:

« 毎日、口にするものだから | トップページ | “残り香”のハナシ »