« いよいよ! | トップページ | 教えの庭にもはや幾くとせ »

2008年2月25日 (月)

娘を誇りに思えるか!?

 Img_4561

これから東大受験にのぞむ、あなたに。 そして見守る保護者の皆さんに。この言葉を、送りたいと思います。                                                                  「東大受験、おめでとう」                                       抱いてきた夢を現実のものにするチャンスは、今日まで走り続けてきた、あなたたちだけに与えられたのです。 持てる力を100%出し切ろう、なんて気負わなくてもいい。その瞬間にできるすべてのことを、答案用紙に思いきり表現してきてください。                       さあ、夢をその手でつかみに行こう。 東大をゴールではなく、スタートにするために。グッド・ラック。

今朝の新聞に載っていた某予備校の全面広告です。

うちの娘が東大を受験するわけではありませんが、朝からが~んときました。        

今まで何回「頑張れ!」と言ったことでしょう。                            「やる気あるの?」                                          「そんなことではどこも受からんわ」                                 こんな言葉でこどもが発奮するわけないことよく知っていたのに、なぜ同じことを言い続けたんでしょう。                                              あの子なりに一生懸命やっていたのになぜもっと褒めてあげなかったのでしょう。                             

そしてわたしは、夢を現実にするために走り続けてきた娘を誇りに思ったことがあったでしょうか・・・。

新聞の文字がぼやけてきて涙を拭こうと眼鏡をとったとたん・・・あっ壊れた。

Img_4562_2

|

« いよいよ! | トップページ | 教えの庭にもはや幾くとせ »

コメント

coldsweats02ひょ~~!
眼鏡のツルってこんなふうに壊れること
あるんでっか?

最近は上手いことシミのかくれる気がする
ちょっと太めフレームをかけることがもっぱらになりました。
地元に出来たあの「眼鏡○場」(伏字のイミなし?)で
いちど作ってみようかと思っておりますです。

さて・・・
こどもをきちんと褒める、って
「あだるとちるどれん」をつくらないための
お約束らしいんですが、
うちの母はやっぱ小言しか言いませんでしたわ。
腹たって揚げ足取りで結局口げんかばかりでしたが、
「親も完璧ではないのだ」と思うまでには
こっちも多少年取る必要があったですねえ。
親に完璧さを求めてしまうのも甘えつうか、勝手なハナシなわけで、
「親孝行、したいときに親は無し」って
よく言ったものです。
(でも、元気な親が自ら言っても効かないんだなあ~~)coldsweats01

投稿: miyuki | 2008年2月26日 (火) 10時07分

miyukiさん
きちんと褒めることもできませんが、きちんと叱れるかと問われると・・・これもまた自信のないハナシで、とほほな親です。
背景には、褒めても叱っても、何も言わなくても反抗するというどうしようもない関係があり、こんなこと親側の言い訳でしかないんですけどね。
うーじんにも早く>親も完璧ではないんだと気付いてほしいものです、ああ、とうに気付いててこの有り様かも・・・。

でも最近、あっ、コヤツ衝突を避けるポイントを掴んだな!?と感じる瞬間があります。ちょっとは大人になってきたのかなぁ。

今回は久々に、ブログタイトルを意識しました、しみじみdown

眼鏡市○が近くにあるんですか、いいですねぇ。
イメージキャラクターの俳優さん、どこかの店舗で大きなポスターになっているのを見かけて、まだ愛していること・・確認しました。

ぽっheart04

投稿: れいち | 2008年2月26日 (火) 18時28分

ウチの娘はまだ、「誇りに思えるか!?」って年齢ではナイですケド、
自分が親にとって「誇りに思える娘か!?」と言われると、
じぇんじぇんダメですね~coldsweats01

高校在学中に仕事を始めたので、本人、大学にイク気はまったく無く、
父の希望でとりあえずイッたというカンジですし^^;

ダンス留学ならしたかったですケド、父が「そんなコトさせたら、オマエはゼッタイに戻って来ないだろうからダメだ!!」と・・・
NYでダーリン見つけて、結婚でもしちゃうと思ったんでしょ~ね~^m^
が、日本にいても、短大卒業後すぐゴールインしちゃいましたケド・・・笑

で、「我が子を褒める」って、確かに難しいデスcoldsweats02
ウチの場合、勉強はキチンとやっているので、コレに関しては素直に褒めますケド、バレエのコトとなると、そうはいかないんですよね~^_^;
つい、こんな風にangryなってしまって・・・
チアの練習の時も、娘には厳しく接してしまう鬼ママです(^^ゞ


投稿: mojo | 2008年2月26日 (火) 18時31分

飼い主さんが、今度眼鏡作るなら眼鏡市○かな~って、店の前を通る度につぶやいている。普通のレンズじゃだめらしい飼い主さんにも作ってもらえるのでしょうか???

飼い主さんは今でもお母さんに褒めてもらうと嬉しそう。自分から「すごい?」って褒めてもらおうともする…お母さんの前だと園児みたいな飼い主さん。
子供っていくつになっても「子供」なんだね~catface
そしてそんな飼い主さんを褒めるお母さんも偉いと思う。

投稿: いぬくん | 2008年2月26日 (火) 21時24分

mojoちゃん
良くも悪くも自分が生んだこども、そんな子にしか育てられなかった自分の責任でもあるわけだから、こどもを誇りに思えないてことは、自分をも否定することにつながるように思うんですよ。
そこがときどき自己嫌悪に陥る原因でして・・・

うーじんのエラい部分、それは、こんな気まぐれな子育てをしてきた親に慣れてくれたことでしょうかねぇ。
気まぐれ・・・うんいい言葉を思いついたもんだflairわたしは気まぐれ育児をしてきたんだと思うんです。
褒めちぎったり、怒りまくったり・・・あ~あ。

mojoちゃんとこのお嬢ちゃんもこれからどんどん変わっていくでしょうし、難しいモンダイも出てくるでしょうが、基本、夫婦が仲良くしている家庭にはいい子が育つらしいですから、B男さんと仲良くやってくださいませgemini

投稿: れいち | 2008年2月26日 (火) 22時11分

いぬくん
なんだよなんだよぉpunch
そんな理想的な子育て論を展開してくれると、余計に落ち込むじゃないのよdespair

そうか・・・
飼い主さんがいつもほんわかしている要因は、すちゃらかお母さんの上手な子育てにあったんだねsign02
今からでも遅くないかなぁ、褒めて褒めて褒めまくってみようか。。。

そしてそんな飼い主さんに子育てしてもらっているいぬくんは、これまたいい子に育ったモンですね。

ところでいぬくん、寒がりのまろんくんがキミの毛糸のジャケットを心から羨ましがっています、ってか、狙っていますわよdog

投稿: れいち | 2008年2月26日 (火) 22時20分

「すちゃらかお母さん」…なんだか凄く上手にお母さんの事を表現している気がする…。

まろんくん、ボクのジャケットはかじっちゃダメ!

投稿: いぬくん | 2008年2月27日 (水) 21時49分

いぬくん
いぬくんとこのお母さんが“ただもの”ではないと感じたのは、お母さんが『ピーマンの肉詰め』のレシピを冷蔵庫に貼り付けて海外に行っちまったときです。

材料、分量、作り方・・・すべて超テキトー。
あのときからわたしは密かにお母さんのファンです。
そんなお母さんにならわたしも叱られてみたい、褒められてみたいわ。

俺サマ、赤いモヘアがよく似合うんだけどなぁ(まろんdog

投稿: れいち | 2008年2月27日 (水) 23時26分

自分の子育てに誇り・・
なかなか難しいですねぇ。
ただ、親がいい加減ということにはとっくの昔に気付かれているようで、それがいいんだか悪いんだか。

わが身を振り返って、その育て方を反省したり涙ぐんだり、子育ても迷い迷いやっていくもんなんでしょうね。
そんな迷う親に付き合ってくれるだけでも有難い子どもたちだよぉ~。

投稿: 湖知流 | 2008年2月28日 (木) 10時37分

reiさん こんばんは~☆
少し落ち着きましたか?

二次試験が終った直後にこのスレッド。
なんか親子共々煮詰まってるんかな~と・・・ coldsweats01

褒めて伸びるか、叱って伸びるか・・・
その子の性格がだいぶ作用するかと思いますが、
親から見ると、娘と息子で大きく違う気がします。
やっぱ、同性の子には厳しく、異性の子には甘くなっちゃうみたい~ happy01

で、子供からすると、両親が同じようにギャアギャア言うとたまらんみたいで、
どっちかに逃げ場?を求めるようですよ。
我が家の場合。
O男・・・かまいすぎ。
B女・・・ほったらかしすぎ。
バランス取れてるのかも? bleah

投稿: のりりょん | 2008年2月28日 (木) 19時20分

湖知流さん
“僕はパパを殺すことに決めた”
供述調書が流出したとして話題になった本の読後感想を、湖知流さんが書いておられるのを読ませていただいたとき、わたしは一度我に返ったはずなのに・・・。

いっつも散々叱ってから「底辺に愛情があるから大丈夫」と自分に言い聞かせてその場をしのいでいるけど、果たして受け取る側はそう思っていないに決まってるんですよね。

ともあれ、最近は落ち着いています。
毎日洗濯物を畳んだり、料理を手伝ってくれたりと気持ち悪い現象が続いています。
感謝の言葉もちらっと出てきたりしてます。
そのうち「もうせんどした」と言うに決まってますけどsweat01受験がきっかけになって、自分の来し方を振り返っていることは間違いありません。

投稿: れいち | 2008年2月28日 (木) 20時37分

のりりょんさん
煮詰まりの最高潮は私立の試験が続いた今月始めころでした。
何を言ってもすねる、怒る、わめく・・・
どうにかこうにか浪人という道はなくなったので、今は落ち着いてて、最近のれいち家は和気藹々noteです。

親のどちらかに逃げ場を求めるというのは、そのとおりだと思います。
うちの場合、かまいすぎるのがその時々で父親だったり母親だったりころころ変わるので、うーじんも上手に顔色を見て対応しているようです。
ただ我が家の救いはあねでして、この子がクッションになっているというか、あねのいうことはある程度聞きます。

我ら夫婦はたまにあねに叱られます。
「うーじんのこと、小さいときからさんざん甘やかしておいて、今更厳しく言うてもあかんやろ」
確かに・・・
あねはあまり自己主張しない子でした、黙って人のことを観察し、分析する術を体得してきたようです。

同じお腹から産まれてきたとは思えないふたりgeminiです。

投稿: れいち | 2008年2月28日 (木) 21時51分

老眼鏡、壊しちゃったんだね。
いいやん。
若返れ って事だよ。

自分の頃を思い出してごらんよ。
親に励ましの言葉なんて期待してなかった。
逆に親の小言に耐えて受験した自分を誇りに思ったものだよ。

考えすぎず自然で良いと思うよ。
底辺に愛情さえあれば大丈夫。
振り返るのはまだ早い。まだまだ夢を一緒に追い続けなくっちゃ。


   あっ、でも壊れちゃったんだね、その老眼鏡・・・

投稿: ふじ | 2008年3月 1日 (土) 08時10分

punchふじさん
何回も“老眼鏡”“老眼鏡”って言ってくれてありがとう。

>親に励ましの言葉なんて期待してなかった。

うんうん、そうだねぇ。
今のこどもたちは親の目が行き届いてて、色々言われて、かわいそうかもね。

でももうちょっとしっかりしていたような気がするんだけど自分、万事において・・・。
少なくとも、親にあまり弱味を見せたくはなかった。

今の子ってすぐに泣くよねぇ、男の子も女の子も。
中学生のころよく泣く男の子がいて、すごくからかわれていた。そしてまたそれで泣いていたっけ。
その子、今では人一倍しっかりしています。

あ~あ、eyeglass 壊れたよ down

投稿: れいち | 2008年3月 1日 (土) 17時37分

reiさん こんばんは~☆(・・・☆の絵文字ないよねぇ?)

本日こちら方面の公立高は卒業式でしたが、うーじんちゃんとこは?

>でももうちょっとしっかりしていたような気がするんだけど自分、万事において・・・。
んだ、んだ。think
男の子も女の子も、もっともっとオトナだったよね~r-mark

eyeglassのreiさん、見てみたいわぁ~heart01

投稿: のりじょん | 2008年3月 1日 (土) 19時07分

のりりょんさん
こんばんわ~night
うん、☆はないですね。

こちらも卒業式でした。
きょうの写真でGIF作るのに必死で・・・
なんせ隠さねばならないものがたくさんあるから、塗って消して加工して、やっとこさできたんです。
次の記事もみてちょ~ねpen

r-mark←これはたぶんReの付く単語のことだと思うんだけど、あ~たの場合のr-markbanであると、これでokですね。
それからeyeglassのreiさんはごめんしてくんなましshock

投稿: れいち | 2008年3月 1日 (土) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/10756031

この記事へのトラックバック一覧です: 娘を誇りに思えるか!?:

« いよいよ! | トップページ | 教えの庭にもはや幾くとせ »