« 栗、その秘策 | トップページ | 冷凍庫ビフォー・アフター »

2007年10月12日 (金)

よろしく哀愁

揺れる乙女心を抱えたうーじん、最近のケータイ肌身離さずの状態に自分でもいけないと気付いたらしく、Kくんと相談して必要なこと以外はメールをしないと決めたそうです。今さらこんなことに気付くなんて、受験生としての自覚にかなり欠けています。           
ところが何日か後にKくん                                      「今、何が大事かよくわかっている。一時の感情で大事な時期を無駄に過ごすことは人生まで棒に振ることになるってことも。でも、会いたいという気持ちはどこへ持って行けばいいのか・・・」                                                という意味のことをメールで言ってきたらしいのです。                                

「別れた方がいいかなぁ」                                       とうーじんが珍しく神妙な顔で相談してきました。                         うーじんの気持ちを確かめたら“ずいぶん好きになってきた”と、これまたKくんの気持ちとは温度差のあることよ。                                       志望校が同じKくんの叱咤激励は必要ではあるし、Kくんと別れたっておかわりくんが現れる可能性は高く、何より好きなのに無理して別れる必要はないのではないかと考えたわたしは                                                   「比重は勉強に大きく置いて、学校から塾、塾から家などの移動中にいっぱい喋り、メールもして、帰宅後はやらないってことにしてみたら?」                                               と提案しました。
うーじんも、それしかないなぁ・・・と納得して、もう一回Kくんと相談してみると言ってました。

次の日、駄目押しと言ってはなんですが
「相手を想いながらひとりで過ごす時間を大切にすることも必要です。相手の気持ちを信じていたらできるはず。会えない時間が愛育てるのさ。」                         
とのメールをわたしからうーじんに送りました。うーじんはそれをそのままKくんに見せたそうです。(母親に相談しているということをカレシにバラすことはいかがなもんなんだろ!?)                                                「お母さん、めっちゃええこと言わはる、そのとおりや」                         と、Kくんやけに感激してたとか。                                   

          ♪会えない時間が愛育てるのさ                                                           目をつぶればきみがいる

と続くこれって、有名な曲の一部なんですけどねぇ。                       ぷぷぷ・・・黙っとこ。

Img_3297 今日、ホットカーペットを出しました。 さっそくまろんがド真ん中を占領し得意顔です。 「おかあしゃん、でんきいれて~!でんき!!」                                                               

|

« 栗、その秘策 | トップページ | 冷凍庫ビフォー・アフター »

コメント

うーじんちゃんに恋愛相談されるなんて、
れいちさんは、恵まれてると思いマス^^
娘の様子が把握できるワケで・・・

志望校が同じなら、二人三脚で頑張ってみるのも手かも?
温度差はあっても^^;、好きなのにムリヤリ別れるのはちょっと・・・
恋してる方が、エロエロ頑張れると思いますよ~^^v

私は、親に相談しないタイプでした(^^ゞ
まあ、いちいち相談してたら、かえって心配させちゃったかも・・・(汗)
母には、「アンタは、仕事もダンナも自分でサッサと決めちゃったわよね」って言われマシタ^_^;

あの~、bonnさんにひと言イイですか~^^
せっかく腹筋50回、背筋20回もお出来になるんですから、
ぜひ、1日おきにヤッてみてください!!
効果がでると思いますよ~^^v 

投稿: mojo | 2007年10月12日 (金) 22時38分

mojoさん、ありがとうございます。
朝ちょうど30分くらい余裕の時間があって腹筋しようと思えばできるんです。でも、体が温まってない朝するよりは、自転車20分こいで帰ってきた直後にしたほうが絶対効果的!と思い、残しておくんだけど帰ってきたら疲れていてできない・・・。
夕飯の仕度も忙しいし。
朝でもしないよりはした方がいいっすね。
がんばります!

さて、受験生の恋愛、気をもみますねえ。
ウチは先日別れたようで、ホッしてたのも束の間、彼氏の方が尾をひいていて、「死ぬぅ」的メールが彼氏から来て、その後連絡とれないからヤバイ!帰りが遅くなる・・・という娘からのメール。
はぁ~?何言うてんねん!
ですが、昨今の若者は何するかわからないし、心配でもあるんです。
「なにか起こってもそれは運命やし、しょうがない。あの子は小さいときから、いつ事故に遭ってもしょうがない子やったし・・・」な~んて暢気に犬の散歩しながらブツブツ・・・
どうぉ? reiさん。
わたしも図太くなったでしょ?
ってか、枯れてる?

投稿: bonn | 2007年10月13日 (土) 00時06分

mojoさん
わたしだって親に相談するなんてことありませんでした。
うーじんは喋らずにはいられない体質のようで・・・。
しかし、恋愛関係でも絶対に喋らない分野もあります。心身に分けたら“心”については話してくれますが“身”的なことはおくびにも出しません。まぁそんなこと親に喋る子は珍しいでしょうけど、ともだちのところの男の子は中学生のときお母さんに「好きなことキスしたい」と言って親を慌てさせたそうです。

mojoちゃんとこのお嬢ちゃんも、同伴登校のカレシがいるようですが、ずっと仲良くしていけるといいですね。
でも、幼なじみ的なそういう関係って本格的な恋に発展するんでしょうかね?
mojo娘っこの行く末・・・わたしも経過を見守りたいと思います。

投稿: れいち | 2007年10月13日 (土) 00時59分

bonnちゃん
ちょっとぉ・・
玄関先でじぃ~っと佇むカレシ、死にたいって?

できるものならお母ちゃんが説教してやりたいね。
「ゴン太にかかわってたらロクなことないよ、一日も早く忘れて勉強もしくは、安定した恋を見つけなさい」
って。
でも心配やわ、本当に何かあったらどないするぅ?

うーじんの元々々カレ、家の前をうろついた子のこと聞かれてたのに答えてなかったですね。
あれ、いっときだけでした。
その後、卒業式の日にわたしのところに来て「おばちゃん、色々ありがとうございました」ってお礼言って、しゃくりあげて泣いてましたわい。
やっぱり時間ですね。時間が自然に解決してくれる。

佇むゴン太の元カレ、頑張れ!
もっといい娘っこ見つけて幸せになってね~~。 

投稿: れいち | 2007年10月13日 (土) 01時18分


母娘の会話を見せられた彼氏Kクン。
その心中や・・

もし僕が同じように彼女に聞かされたら
どんな態度をとるだろうか・・・


Kクン いい子やなぁ~~。
逃がさないように よく言ってあげてや。

投稿: ふじ | 2007年10月13日 (土) 11時08分

うーじんちゃんも彼も、やっぱ、若いですね。
年取ったら、「別れたほうが」と思っても
そうかんたんに割り切れなくなるんだよなあ。

感情をうまく遮って日常を生きられる術が身につくのがオトナだとしたら、
恋愛関連の優先順位が一位に来ちゃうのが
青少年てもんなのね。

Kくん、純情なお子ですなあ。
いい大人になるんだよ。(老婆ごころ。)

投稿: miyuki | 2007年10月13日 (土) 11時56分

↑のbonnちゃんへのコメントで、娘のゴン太ちゃんのことをまるでろくでもない子のように書いてしまい反省。
ちょっと補足しますと…

まずゴン太ちゃんはうーじんと非常によく似ています。
過去のbonnかあちゃんのコメからだいたい想像できますが・・・
ふたりとも端的にいうと自己中心的です(えっ?フォローになってない?まぁもうちょっと待ちなよ)
また、時間にルーズ、言葉使いが悪い(ますますこきおろしている? まぁ最後まで聞きなよ)
しかも、およそ家の中では腫れ物です(おいおい;)

しかしゴン太ちゃんのいいところは、家の外ではいい子なのです。ボランティア活動もしています。小さい子の扱いは上手で好かれます。わたしに対しても普通に話してくれるしケーキ作りが得意なかわいい子です。
その点気に入らないことがあると外でもはっきり態度に出すうーじんとは大違いです。

こんな怖い系の娘たちをいいと思うオトコがいるのが不思議なのですが、とにかくオトコに不自由はしていません。
当然タカビーな態度で接しますからトラブルはつきまといます。うーじんの場合はちょっとブリっ子入ります。ゴン太ちゃんは初志貫徹してて振り回されるカレシは本当にかわいそうです。
以上のことから思わずカレシにエールを送ってしまったってことです。
ゴン太ちゃんのカレシはゴン太ちゃんにぞっこんです。踏まれても蹴られても(そうなのか?)ついてきます。さぁ、すんなり別れられるか、見守っていきましょう。

投稿: れいち | 2007年10月13日 (土) 16時18分

ふじさん
Kくん、やっぱりいい子なんでしょうね。
うーじんは
「Kくんはお母さんみたいに色々言うからうるさい」
って言います。
自分の悪いところや痛いところを指摘されて面白くないんだと思います。
でも、親にしてみれば
「よう言うてくれました!!」
っと感謝状です。
男の子って、彼女が完全に自分のものになったらそれこそ手を抜きますよね?
今はまだ、うーじんがのらりくらりとかわしているから、それが余計にカレシを熱くさせているんだと思います。
さぁ、こちらも見守っていきましょう。

投稿: れいち | 2007年10月13日 (土) 16時24分

miyukiさん
青少年・・いいなぁ、このコトバ・・・に戻って情熱だけで突っ走ってみたいもんですね。
いつからこんなに分別をつけられるようになったんだろう。
たぶん色んなものを手に入れて、それを失うのが怖いと感じた頃から大人になったんでしょうね。

うーじんを見ていると幼いと思います、自分の18歳はもっとしっかりしていたと。
手に入れたいと思うものも当時のわたしとは違うようです。
やはり、飽食の時代の子たちなんだなぁと感じます。

ねえさん、Kくんはコン・ユくんに似ているんですよ。

投稿: れいち | 2007年10月13日 (土) 16時36分

reiさん、こんばんは~☆

アレから一週間タち、もとい、経ちましたよ。。
高校生の時事故に遭い、上京男と不埒な事をイタしたという告白から・・・^_^;

んで、↑の、うーじんちゃんの一件でまたつらつらと思い出したことが。
いや~時代の流れを感じますね。なんと言っても私らが高校生時分には、意思疎通の方法が直に会って話すか、お手紙(交換日記?ぶぶっ)もしくは電話しかなかったですから。。
真夜中に電話(しかもじ~こじ~このダイヤル式)のところで布団をかぶり、延々3時間ほど喋り捲り、
「あ~夜が明けてきたね」なーんて会話を交わし、数時間後に学校で顔を合わせたときの何とも言えぬウフフ♪な感じ・・・

でも確かに、今どきの18歳、たしかに幼い。特に
男の子はね。
比べるのもどうかと思いますが、今のトラキチ&K君と当時18才の上京男!・・・大人ぶりが違いすぎますわ。

reiさん、ふふふ。コン・ユくん似のK君レポ?
忘れてませんよ。待ってますから。。^^

投稿: のりじょん | 2007年10月13日 (土) 19時20分

「ティーン」と書こうとして、
今この単語は生きているのか???と思い、
やめた私。(雑誌セブンティーンはいったいいつまであったんだ?ポップティーンてのもあったような気がするんだが・・・)

お悩み深い年寄りです。ごほごほ・・・・
(コン・ユくんって、どうしても「サンダーバード人形」の中の一人と似ているような気がしてなあ。ははは。)

投稿: miyuki | 2007年10月13日 (土) 23時04分

うおおおっ、調べてから書けばよかったわ、
れいちさん、「セブンティーン」てまだ
ありました~~。
ほお~~・・・(ポップティーンも)
\(◎o◎)/!

投稿: miyuki | 2007年10月13日 (土) 23時10分

のりじょんさん
一週間前に喪服を着ていた人とは思えない復帰コメありがとうございます。
身辺片付きましたでしょうか?

>意思疎通の方法が直に会って話すか、お手紙(交換日記?ぶぶっ)もしくは電話しかなかったですから・・・

そうでしたね、ケータイもポケベルさえもまだなかった時代ですから、電車の乗り遅れや待ち合わせのすれ違いなどままありましたねぇ。
本当に“会えない時間が愛育てるのさ”的な楽しみがあり、幸せな時間でもありました。ラジオを聴きながら手紙や日記を書いたり、そのときの気持ちに合った歌をリクエストするはがきを書いたり・・・。
ああ昭和・・・。

以下、遠慮なくツッコマせていただきまっせぇ。
受験ホンバンで思いがけない力を出した上京男は、深夜に3時間も電話で話し、同伴喫茶にもイキ、そしてカノジョがノッたブランコを押し、いったいいつ勉強していたのだ~~~??

コン・ユ似のKくんとは遭遇する機会がなかなかありません。
のりじょんさんには色々と借りを作っていますが、忘れてはいませんので気を長くお待ちください。

投稿: れいち | 2007年10月14日 (日) 00時19分

miyukiさん
サンダーバード人形って、これまたぶぶぶ・・・。
あの人形たち、みんな下唇がタラコで、決して男前ではなかったですよね。
数少ない女性もやけにバタ臭かった。
Kくんご本人に出会う日を楽しみにしています。サンダーバードかどうかしっかり見ておきます。

さて、こないだから昭和の書籍関係ネタがよく登場しますねぇ。
セブンティーンはうーじんが中学生の頃によく読んでいました。今はそういうの全く読みませんから洋服のセンスは悪いです。
お出かけのときはあねにコーディネートしてもらってます。
ポップティーンはすでに小学生の雑誌だそうです。
あねのお気に入りのファッション雑誌が今そのへんに散らばっていますので見てみたら“SOUP”というものです。

うちらが高校生のときの“an・an”“non-no”はまだ健在です。ちなみにわたしはnon・no派でした。

投稿: れいち | 2007年10月14日 (日) 00時47分

rei さん
ウチのゴン太を上げたり下げたり・・・いえ・・・あんなヤツに気遣ってくださり恐縮します。
ボランティアのグループにははいってますが、本人がどれだけ素直にその意思があるかどうかは不明です。
本人はそこに所属しているだけで、その資格が充分にあると勘違いしているようですが、実際はそのグループの人たちに随分と迷惑をかけていて、母が謝る場をふやしてくれているだけのような・・・

nonーnoは今も若い女性のファッション誌で、ウチの長女が愛読しています。
an・anは読者と共に成長してますよね。
「更年期によくかかる病気特集」などもやっていて、充分楽しめます。
ちなみに我等が花の女子高生だったころの人気アイビーブランドだったMcGREGORも、ズーッと私達とともに成長していたのか知らないけど、近年しっかりおばさん向けブランドになっているのを知って、とても嬉しゅうございました。


投稿: bonn | 2007年10月14日 (日) 11時30分

bonnちゃん
最近ゴン太ちゃんとの壮絶バトルねたを聞かないけど、ちょっとは落ち着いたのかなぁ!?
うちは・・・不安定ながらも安定してる、へへ^^悪いけど。
はっきり言ってあまり接している時間がないからバトリ様がないのよ。会話もあまりないし、これじゃいかんと思って、夜のお迎えをわたしが行くことが多いんですわ。そしたら何かとぽつりぽつりと喋りますねん。好きな歌のこと、カレシのこと。

実はKくんは、この春まで付き合っていた女の子が同じ学校にいて、しっかり別れてからうーじんと付き合ったのですが、元カノに与える影響を考えて学校では二人が付き合っていることは内緒らしいのです。
で、聞いてくれる人がないからわたしに喋ると・・・まぁこんなとこです。

ところで・・・an・anはおばさん雑誌になってるんだってぇ!?
ほぇ~~@@
>『McGREGOR』はおばさんブランド・・
知ってるよ~ん。
タグが赤いチェックっちゅうのが名残としてあるだけで、ちょっとこ洒落たミセスの普段着ってとこ?
わたしTシャツなど持っている、ぶつぶつ・・。
『mc Sister』はどうなった?それのお兄さん版『MEN'S CLUB』は健在だよね?
クレ○ジュのどピンクのセーター、箪笥の奥にまだあるじょ~。

投稿: れいち | 2007年10月14日 (日) 18時35分

mc sister まだあるよ。
中身は知らないけど、表紙は今風でちょいはじけてます。
「McGREGOR」や「scotch house」
チェックのキルトスカートやアーガイルの裾模様のカーディガンなど、本気で欲しくなります。
「タータンショップYORK」も見逃せない!

ゴン太とのバトル・・・
そうやなあ、ちょいマシかな。
逆らいさえしなければ結構落ち着いてるかも。
だけど、それは勉強しなくても、塾をさぼっても私がグッと感情を抑えて声をかける程度に留めているからでしょう。
怒らせて速攻バトルしてみせることは朝飯前ですけどぉ。
この金土日と、よ~~~~寝よりましたわ(泣)

うーじんちゃんだけでなく、K君もお盛んなのね。
乗り換え早っ!
ゴン太の元カレもそうすればいいのに・・・

投稿: bonn | 2007年10月14日 (日) 21時00分

bonnちゃん
こないだスパッツ買ったのよ。うーじんは
「レギンス買うたん?」
って言いましたけど、すそにレースがついているこれはレギンスなのか?
で、昔のちょっと短めのチェックのスカートなどと合わせてみようとるんるんと帰ってきたら、ちょっと前にそういうのぜ~んぶ捨てたってこと気づいて・・・。
結局レギンスは出番なしの放置です。

うちもバトルがなくなって気持ち悪い。
勉強のこともやんわり「やりなさいよ」って言うと一応「うん」って言うしねぇ、自分でもやらなければって思っているみたい。
でもまぁ、よう寝ますわ、うちも。

投稿: れいち | 2007年10月14日 (日) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/8371288

この記事へのトラックバック一覧です: よろしく哀愁:

« 栗、その秘策 | トップページ | 冷凍庫ビフォー・アフター »