« 連休3日目 | トップページ | いったいいつまで~!? »

2007年9月19日 (水)

揺れる乙女心 ~邪悪編~

体育祭の衣装作りや、ビデオカメラがストライキを起こした体育祭当日あたりからこっち、すっかり表舞台から姿を消した感のうーじんですが・・・元気です、元気に傍若無人・毒舌三昧・自己中心的な生活を送っています。

この夏休みはけっこう勉強したようです。しかし周りの人はもっと勉強したのでしょう、休み明けの課題テスト、模試、いずれも結果は振るわず、うなだれる日、荒れ狂う日を繰り返し、相変わらず家族のひんしゅくを買っています。かと思うと、体育祭のダンスをフルコースで踊ってみたり、狂ったようにピアノを弾いてみたり、にこにこしながらお皿を洗ってみたり・・・どっちにしても『普通』という範ちゅうをちょっと超えているのは確かです。

部活や塾通いが忙しくなって時間と気持ちのすれ違いから、泣く泣くSくんと別れたのが今年3月のことでした。「恋はお預け、勉強に生きる」と宣言しつつもしょげ返る姿はかわいそうでしたが、受験勉強が本格化するいい時期に別れてくれたと、わたしは胸をなでおろしたものでした。

しかし、傷心を抱えたうーじんが訪ねた易者の「5月以降にいい出会いがある」との予言通り、その相手に出会ってしまったようです。                                        夏休み直前の学校の三者懇談会の日、「懇談の時間まで塾で勉強しているから迎えに来て欲しい」と言ってたのに「やっぱり暑くて移動が面倒だから学校の図書室で勉強してる」とメールが来た、まさにその図書室で出会ったのだそうです。

この新カレは眉目秀麗、頭脳明晰、明朗快活なスポーツマンらしく、うーじんにはもったいない“出来すぎくん”です。勉強では、ついくじけそうになるうーじんを励ましてもくれて、何とか目標を維持していられるのは、新カレKくんの牽引力に拠るところが大きいと、わたしは秘かに感謝しています。

ああ・・・それなのに阿呆な娘はときどき「Sくん・・・」とつぶやいているのです。そしてこんな邪悪な気持ちは賢いKくんにはお見通しらしく、最近ふたりの間に少々不穏な空気が流れている、とまぁ大体こんな感じの受験生の恋です。

Dvc00042 打って変わって穏やか人間のあねは、先日の敬老の日に、わたしの実家の祖父母にプレゼントを持って行った。わたしからはケーキとお花を付けた。孫からの『元気で長生きしてね』のカードにジジババは大感激だった。写真はおじいちゃんが趣味で作っているぶどう。一番大きいのにはさみを入れて、いただいてきた。

|

« 連休3日目 | トップページ | いったいいつまで~!? »

コメント

こんばんわ
京田辺市の「16歳次女、父殺害」・・・
今日の夕刊みて2度びっくり!
事件の背景が我が家そのままですがな!

幸いウチの次女は父の交友関係知りませんが・・・そういう部分では純粋このうえないヤツなので、知れたらマジヤバイ!

「傍若無人・毒舌三昧・自己中心的な生活」はこの数年衰えることなく、加えて、反抗期と思っていたのが実は父から間違いなく受け継いだ性格だとも思われ・・・・

お宅の場合、どなたの遺伝子?
少なくともB男君じゃあないね!

投稿: bonn | 2007年9月19日 (水) 21時26分

うーじんちゃん・・・Sくんのコト引きずったまま、Kくんはとりあえずキープ状態?^^;
ちょっとムリヤリ気持ちに区切りをつけちゃったのかな?
>「恋はお預け」っていっても、なかなかそうはいかないお年頃だし・・・
Kくんにしてみたら、甘え上手のうーじんちゃんはとっても可愛い存在なんだろ~な~^^
AB女の私、ちょっと同じニオイを感じマス(笑)

今はちょっと不安定な時期なのかも知れないですケド、剣道(でしたよね?)で鍛えた精神力で、きっと乗り越えられると思いますよん^^v
うーじんちゃん、ファイティ~ン!!

実は今日、11回目の結婚記念日なんデス。(早っ!!)
B男の帰りは遅いみたいなんですケド、手ぶらで帰って来たらお仕置きしてやる~ッ(爆)

投稿: mojo | 2007年9月19日 (水) 21時54分

bonnちゃん こんばんわ
京田辺の事件・・・親子の年齢とか家族構成とかその他モロモロが他人事とは思えない事件でしたが、最近、もう何が起こってもあまり驚かないというか、こんなことではいけませんね、すみません。

お母さん、旦那には浮気されるわ、殺されるわ、犯人は娘だわ・・・もう最悪。。。
旦那の交友関係のオンナ・・・今ごろどうしてるんでしょう!?16歳の次女はそのオンナを殺そうとは思わずに、父親を殺したのはやはりお父さんが大好きだったんでしょうね。

うちのうーじんの遺伝子?
へっ?あたし?
自分の嫌なところばかり見せ付けられているようで、よけいにイヤになる。でもいいところを見つけたときは、やっぱりわたしの子だな、ふふふと思ってしまうのよん。
えっ?文句あるぅ??

投稿: れいち | 2007年9月19日 (水) 23時59分

mojoさん
そう?
>ちょっとムリヤリ気持ちに区切りをつけちゃったのかな?

今まではそんなことなかったんですよ。
とっても潔く、きっぱり終わって次へいくという気持ちのいい別れ方でしたのに、Sくんだけはそうはいかないようです。

「つらい恋を忘れるには新しい恋をするべし」みたいなこと言ってましたから、Kくんに飛びついたんでしょうかねぇ。
また、こういう優柔不断な態度が男の子にとっては不安な気持ちを煽られているようで、Kくんも気の毒なことです。

わたしとしては、カレシがいようといまいと関係なしに、とりあえず安定した精神状態で毎日を送って欲しいとだけ希望しているんですが、うまくいかないもんですわ。

AB子仲間のmojoちゃん、今後も高校生の恋の指南よろしくお願いします。

投稿: れいち | 2007年9月20日 (木) 00時17分

mojo夫・・・
夕べは無事だったろうか・・・ぶつぶつ・・・。

投稿: れいち | 2007年9月20日 (木) 07時51分

ただいまです。
へとへとで帰ってまいりました。
ははは・・・

娘と母って同性なだけに大変なこともままあり・・・
うちもそうでしたわ。
似たもの同士のB女母娘。
磁石のプラス同志だもんね。

今回従妹の母娘(今回のイベントの主人公の
従弟の姉と母)が一緒だったんですが、
従妹は旦那さん連れだったので、
お母さんと私がホテルでは同室でした。
この母はやっぱりBで、まだ50前にだんなさんを亡くし、
子供二人を看護師しながら育てた逞しい女性ですが、
最近は元気だけどやっぱり寄る年波。
娘のほうはABですが、
もうもう、ぶつかるところはやっぱり
磁石のプラス同志。

お母さんが元気でいてこそ、の毒舌なんだよね・・・
と思う私でしたが、
母が元気でいたら、うちもやっぱり
同じ状況が続いていたかと・・・^^;

投稿: miyuki | 2007年9月20日 (木) 18時43分

うーじんちゃん、今まで付合う時は男子から告白されて、別れる時は自分から・・・ってパターンでした?
で、相手から別れ話をされたのはS君が初めてだったとしたら、やっぱり引きずっちゃうかも?(>_<)
私にも同じよ~な経験が・・・^^;
相手は超恋愛体質の先輩ダンサーだったので、エロエロ鍛えられマシタ(~_~;)

うーじんちゃんも、吹っ切れるまでにはまだもうチョットかかるのかな?
でも、れいちママに話を聞いてもらえるから、気が紛れるんじゃないかと思いマス^^v

で、B男ですが、花束&ケーキ抱えて帰宅しマシタ^^
プレゼントも、リクエストしてあったモノを買ってあったので、お仕置きはナシでしたよん(笑)
が、夜中のケーキはちょっと~ってカンジでしたケド・・・せっかくなので2人で食べマシタ(^_^;)

投稿: mojo | 2007年9月20日 (木) 21時19分

miyukiさん
ようご無事でお帰りになられましたなぁ。
あんまり遅いので韓江を流されているのかと心配しましたよぅ。
どちらのニュースでも韓国の惨状を伝えていました、よほどひどい台風だったのですね。
ずいぶん蒸したようで・・・!?
こちらニッポンでも季節が一ヶ月前に逆戻りしたかのようなカンカン照り、あちこちの運動会で熱中症が続出しました。

さて、B叔母さんとは、miyukiさんのお母さんの姉妹ですね?
そしてその娘さんと・・・ぷぷぷ、とっても濃ゆいメンツだわ。
母親にって、ついつい厳しいこと言っちまうんですよね。心ではけっこう優しいこと考えていても、目の前でドンくさいことされると、イラッときちまう。
遠慮がないといえばそうなんですが、突然悲しそうな顔されたりすると、申し訳ないと思うんだけど・・。
ああ、もう一緒に出かけるのはやめよう・・・と思ってもやっぱりそこはホレ、血は水より濃いってことでほっとけない。
将来自分もこうなるんだろうなぁって予想ができるだけに、つらい。つらくてやるせないのよねぇ・・・。

でもmiyukiさんは妹さんがおられて、親戚にも女性が多くていいですね。
わたしの血縁には叔母さん・伯母さんと呼べる人はもういません。
寂しいこっちゃ・・・。

とにかくお疲れさんでした。

投稿: れいち | 2007年9月20日 (木) 22時13分

mojoさん
結婚記念日おめでとうございました。
B男くんもしっかり覚えてて、エライエライ!!

>夜中のケーキはちょっと~ってカンジでしたケド・・・せっかくなので2人で食べマシタ(^_^;)
<そうそう、奥様のこういう心遣いが次につながるんですよねぇ。
男って女が喜ぶ顔を見て喜んでいるようなところあるから、こういうときは満面笑み!
これで家庭円満、招福万来、悪霊退散。

さて、くだんのうーじんですが・・・
自分から告白するってことは絶対ないそうです。振られるのがイヤだからです。
でも告白されて、向こうから振られるってことはありました。
そんなときでも「向こうから告ってきたんだし、わたしは別にそんなに好きじゃなかったんだ」みたいな顔してました。これも傷つくのがイヤだからちょっと虚勢を張っていたと思います。
うーじんに新カレができたこと、Sくんは知っています。ひょっとしたらSくんが新カノ作るより先に自分が新カレ作りたかったのかもしれません。でもそんなことでSくんに対抗しても虚しいってことに気付いたのかな?

別れを言い出したSくんでしたが、感情をぐずぐず引きずっていたのはSくんの方でした。
ふたりとももう戻れないってこと、よくわかっているのに、青春とは悲しくも美しい季節ですね、うらやましい。

投稿: れいち | 2007年9月20日 (木) 22時35分

そういやあ、ウチって親戚圧倒的に
女性が多いのかな、つか、親の世代で
残ってるのは女が多いかもしれません。

B伯母は、血のつながりはない伯母です。
(亡くなった母の兄の連れ合いです)
おなじB女だと
しみじみ判明したのはわりと最近のことです。
一緒の部屋に泊まって、やっぱり
マイペース女王なんだ・・・と思いましたわ。(笑)
母と同い年ですが、ぱきぱき働いてきたぶん
まだカクシャクと見た目も元気・・・と思ったら
やっぱりリアクションに年相応のところが。(またまた、笑。)

そうなの、いずれ私もこうなる、
ああ、わたしとそっくり、ってとこがね。^^;悲しいやら、腹立たしいやらなんだわね、お互い。

母と私の違うところは、「母はちょっと妹体質」ってとこだったので、母は「私は娘みたいに母親にがんがん言わなかったもん。」と思っていたかもしれませんが娘のおもうところ、祖母にけっこう言ってましたよ。

女家族、どこもみんなそんな感じなのねえ。

へんな時間に目が覚めちゃって、やれやれ・・・
(まだ疲れてます。年だわね~~、ほんと。)

投稿: miyuki | 2007年9月21日 (金) 04時55分

miyukiさん
体調はいかがですか?
関東地方、間もなく涼しくなるそうですよ。

ところで・・・
>しみじみ判明した・・・
これって笑います、なんなのさ?
ほとほと、ああやっぱり、結局のところ・・・な~んて言葉に置き換えられます?
B女だからってそんなに自虐的にならなくてもいいのに。
でも、miyukiさんの将来は、亡くなられたお母さんよりもその伯母さんみたいなお年寄りになりますね、きっと。
カクシャクとしてるのよ。
でもときどき身も心もふにゃふにゃになって、よろけるの。

わたしたち、いったいいくつまでこんなブログ生活していられるでしょう。わたしの場合、フェードアウトのような尻すぼみ的終わり方はしたくないので、体力その他に限界を感じたら、ある日きれいさっぱり終結宣言いたします。
しかし、寄る年波、突然どっかの血管がプッツンするかもしれず、更新が半月も滞ったら、そのときはわたしはあの世からみなさんを見守っていると思ってください。

あと・・・
脳みそが干し椎茸みたくかぴかぴになって思考、記憶の回路がショート、いわゆる認知症が出てきたら、友から指摘していただく段取りとなっています。
この際も、きっぱりここを閉めますので、あしからず。

おばあちゃんのお葬式のとき、87歳という高齢のせいか、残り少ない同級生はみな、お香典を送ってくるだけで参列はなかった・・・。
あんまり長生きするのも考えもんだと思ったものです。
あれ?なんのハナシ?

投稿: れいち | 2007年9月21日 (金) 20時20分

ひえぇ~血管プッツンですか!
でも、他人事じゃあないよなあ‥。私もいつかここへやってくることなくなったらその時は多分、認知症‥。

私の祖母と伯母がなってるし、私も小さい時からよく忘れ物をする人だったから可能性高い?

子どもにはね、私が死んだらお墓には入りたくないから灰になったらその辺に撒き散らしておいてと無理難題を遺言してあります。

だって~死んでまで一緒に居たくないっつうかねえ。いえ、主人とは一緒にいてもいいんですけど‥

揺れる乙女心が妙な方向行っちゃってすんまそ~ん。

投稿: みどちん | 2007年9月21日 (金) 22時06分

みどちんさん

>死んでまで一緒に居たくないっつうかねえ・・
わかりますとも、わかります。
できたら実家の両親と同じお墓に入れてほしいよねぇ。
そう言ったらうちのこどもたち
「わたしらはどこへお墓参りに行けばいいの?」
と言いました。
お父さんはこっち、おかあさんはあっち・・・
そうか、なるほど大変だわ。

韓ドラでは遺灰はたいがい川に撒くんですけどねぇ。

揺れる乙女は、塾の入室許可証を落としてしまって塾に入れないから毎日早く帰ってきます。JRの忘れ物センターに届いているのに取りにも行かない。
ったくやる気がありません。

投稿: れいち | 2007年9月22日 (土) 01時43分

えっ入室許可証なるものがあるんですか。それが無いと顔見知りでも入れないの?

③号は今が期末らしいです、二学期制なんで。本人もよくわかってない様子。とーぜん母も二学期制がよくわかってない。???←こんなカンジ

で、③号は
「昼から塾いくわ~午前中はうちでする」
って今二階に引きこもって?ます。たぶん、テスト勉強じゃなく『輪違屋糸里』って本よんでますね。幕末や第二次世界大戦あたりの頃が大好きな渋い娘です。
こんな時期にこの本貸すんじゃなかった。ただでさえテスト前ってのは何故かぜんぜん関係ないことしたくなるっちゅうに。

投稿: みどちん | 2007年9月22日 (土) 11時01分

みどちんさん こちら暑いですわ。
そちらも稲刈りが始まるころ?大変ですね。
どこかで、農作業の倉庫だったかで熱中症で倒れて亡くなっていたお年寄りがおられたって、最近のニュースで見ましたわ。

うちの娘が行ってる塾は・・・
大きな声じゃいえませんが、2年ほど前に世間を騒がせた事件があったところ(うちの子が通っている校舎じゃなく他のところ)で、以来セキュリティが厳しくなって、普通の授業は受けられますが、それ以外の自習室とかはIDカードを機械に通さないと入れないんです。
そういう面にカネかけてるからか、すんごい高い。
失くしたんなら再発行するように言われているのに、証明写真を撮りに行くのがもったいない、めんどくさいっていうんで、ぐずぐずしているうちにJR落し物センターから連絡があったんです。
今日も模試に行ってて終わるの遅いから行けへ~んと言ってでかけまして・・・。

2学期制・・・カンが狂いますよね。
うちの長女の学校がそうでした。
試験の回数が少ないから、結果がよかったらいいけど悪かったら挽回のチャンスが少なくて、けっこうきついシステムですよね。
で、③号ちゃん『輪違屋糸里』浅田次郎さん読んでるんですね?それはいい本に出会いました。
武士の一文に恋のペーストたっぷりで読み応えありますもんね。学校の勉強より濃ゆいかも・・・。
えっ?わたしがけしかけたらあかん?
えへへ・・・
浅田次郎さんでは同じような時代背景の『壬生義士伝』これはもう泣きまっせ~。
ちょいと長いので試験が終わってからとりかかってくんなまし。

投稿: れいち | 2007年9月22日 (土) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/8019296

この記事へのトラックバック一覧です: 揺れる乙女心 ~邪悪編~:

« 連休3日目 | トップページ | いったいいつまで~!? »