« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

土鍋いろいろ

きょうは朝から小雨が降って肌寒かったので、晩ご飯はお鍋にしようと思いました。            Dvc00028_4

いつも塾でいい加減な食事をしているうーじんも、土曜日だけは家でご飯を食べますので、久しぶりに家族でお鍋を囲めるかなと楽しみに、いそいそと準備するわたし。                              ところがうーじん、きょうに限って「晩ご飯いらない」と言います。では、3人になるので土鍋はひとつサイズを小さくして・・・。                                   ところがところが、サークルの仲間と遊びに行ってたあねから夕方「晩ご飯いらない」とメールが来ました。ではでは、ふたりになるので土鍋のサイズをもうひとつ小さくして・・・。

きょうのお鍋は『塩ちゃんこ鍋』 Dvc00027_2                                  夫 「ちゃんこか・・・」                                            妻 「うん、タイムリーやろ」                                       夫 「亡くなった力士、かわいそうやなぁ」                                妻 「供養鍋ってことで・・・」

夫婦ふたりでたいして話題がはずむわけでもなく、黙々と鍋をつつく静かな夜、晩ご飯はすぐに終わりました。                                  

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

小ネタ集[1]

その1 痩身の法則(^^)v

ダイエットというほど本格的な取り組みではなく、正しい知識も持たないで始めた素人ダイエット、半年経過しました。                                        努力したことといえば間食を辞めたこと、食事の量を減らしたこと、毎日腹筋をやったことくらいです。食事の量を減らしたのは昼と夜で、最初のころ朝ご飯にシリアル、ブランなど低カロリーなものを食べていましたが、慣れると満腹感が薄れるなど不満が出てきたため朝は普通に食べることとし、昼と夜は炭水化物を減らすようにしました。夜にご飯を食べないようになるとおかずの味付けが薄くなり、これはまた別の角度から成人病を予防するという思わぬおまけがついてきました。このような取り組みを繰り返すうちにひとつの法則にたどり着きました。                                           Photo それは・・・食事の量を減らす、汗をかく、たまたま下痢をしてしまうなど何でもいいから体重を減らすのです。その時点では、腹回りその他何の変化もありません。しかし、その体重を維持する、もっと過酷に言えば死守する。するとやがて「あれ?このスカートゆるくなったわ」とか「鎖骨が出てきたんちゃうん!」など、そこここに微妙な変化が現れだし、はっは~ん、こうやって痩せていくんだなと実感できるということです。

その2 店長のあほ(ーー;)

昨日、例の店長がいるスーパーへ行きました。“おこげのあんかけ”に使う“おこげ”を探していましたが見つからなかったので近くの店員さんに聞こうとしたら、あいにくというかうまい具合にというか、ラーメン5個パックを積みなおしている店長しかいませんでした。     「すみません、“おこげ”ありませんか?」                            「“おこげ”でございますか?」                                    わたしの顔をまともに見た店長の表情には何の変化もなし!                                  「それはどのようなパッケージでございますか?」                          「失礼ですけど・・・M田さんではないですか?」                           「えっ?そうですけど、どちらさまでしたか?」                             「わからなかったらいいです」                                      「えっ、ちょっと待って、え~っとN村さん?」                              誰やねん、それ。このへんから店長の口調はぐっと砕け、さらに                          「○○のあたりの人?」                                         と自分が生まれ育った土地の名前まで出してきました。ヒントをひとつあげましたが首をかしげています。                                             わたしは店長の記憶と“おこげ”・・・両方ともあきらめて帰りました。

その3 ちょっと嬉しいアイスクリーム(^L^)

Photo_2 こんなものが当たりました。こどものころはいくら食べても当たらなかったのに、大人になった今になって結構当たります。まっとうに生きていたらいいこともある!小さな幸せを大事にしようと心に誓った秋の夕暮れでした。

以上小ネタ三つでした。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

ラクロス

あねが大学に入ってから始めたラクロス、3年目のこの秋のリーグ戦であと2試合を残していよいよ引退となりました。あねの通う大学は関西のはしっこですが、リーグは東海リーグに所属していて試合は名古屋で行われることが多く、遠いのを理由になかなか見にも行けなかったものの、今日はB男くんも都合をつけてふたりで見学・応援に行ってきました。

Photo_20

Photo_21

Photo_22

女子ラクロスは1チーム12人編成、クロスというネットつきのスティックでボールをすくい、持ち、投げ、走り、パスし、ゴールに入れる、相手はそれを阻止しようとしてせめぎあい、転び、なかなか激しいスポーツです。故にマウスピースを着用します。やることは激しいですが、ユニフォームはポロシャツにチェックのスカートが主流で、これがちょっと可愛いのがご愛嬌です。

Photo_23

Photo_31

Photo_32

卒業した先輩も応援に来ていただいてたようです。

Photo_26

Photo_27

6_3

 

あねは小さいころから人前で話すことが苦手で、いつも人の後ろに隠れてすぐにめそめそ泣く子でした。おもちゃを取られても黙って眺めている、洋服を汚して帰ってきたことがない、参観日では手を上げるのを見たことがない・・・親としてどれだけ歯がゆい思いをしてきたことでしょう。そんなあねが、ユニフォームを泥んこにして大きな声を出してボールを追いかけている。あの泣き虫が・・・と小さいころのことを思うと、目の前の光景にあねが混じっていることが信じられないような気がしました。

Kurosu_2

Photo_33

Photo_29

今日はあねの方から「見に来て欲しい」と言っただけあってなかなかの活躍ぶり、試合後“Man of the match”という賞を頂いておりました。あね!あと1試合頑張るんだよ~。

Dvc00088 今日の試合会場は名古屋の小さいグランドでした。カーナビを頼りに行ったのですが、ソフトが古くて新しくできた湾岸道という高速道路が画面に出ません。B男くんが「あっ、海にはまった~~」と言ったのでびっくりしました。ナビの画面では海の中を走っておりました。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

いったいいつまで~!?

30 朝の早くから、近所の小学校の運動会開催を知らせる花火が上がっていました。倒れるこどもなどなく無事に終わるといいのですが・・・。

本日、我が家の室温は30℃をやや超えています。この犬は扇風機が涼しいものだとの認識はあるようです。しかし、ここまで近寄ったらあかんやろ!?ビミョーにカメラ目線のまろん、もうぐだぐだです。

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

揺れる乙女心 ~邪悪編~

体育祭の衣装作りや、ビデオカメラがストライキを起こした体育祭当日あたりからこっち、すっかり表舞台から姿を消した感のうーじんですが・・・元気です、元気に傍若無人・毒舌三昧・自己中心的な生活を送っています。

この夏休みはけっこう勉強したようです。しかし周りの人はもっと勉強したのでしょう、休み明けの課題テスト、模試、いずれも結果は振るわず、うなだれる日、荒れ狂う日を繰り返し、相変わらず家族のひんしゅくを買っています。かと思うと、体育祭のダンスをフルコースで踊ってみたり、狂ったようにピアノを弾いてみたり、にこにこしながらお皿を洗ってみたり・・・どっちにしても『普通』という範ちゅうをちょっと超えているのは確かです。

部活や塾通いが忙しくなって時間と気持ちのすれ違いから、泣く泣くSくんと別れたのが今年3月のことでした。「恋はお預け、勉強に生きる」と宣言しつつもしょげ返る姿はかわいそうでしたが、受験勉強が本格化するいい時期に別れてくれたと、わたしは胸をなでおろしたものでした。

しかし、傷心を抱えたうーじんが訪ねた易者の「5月以降にいい出会いがある」との予言通り、その相手に出会ってしまったようです。                                        夏休み直前の学校の三者懇談会の日、「懇談の時間まで塾で勉強しているから迎えに来て欲しい」と言ってたのに「やっぱり暑くて移動が面倒だから学校の図書室で勉強してる」とメールが来た、まさにその図書室で出会ったのだそうです。

この新カレは眉目秀麗、頭脳明晰、明朗快活なスポーツマンらしく、うーじんにはもったいない“出来すぎくん”です。勉強では、ついくじけそうになるうーじんを励ましてもくれて、何とか目標を維持していられるのは、新カレKくんの牽引力に拠るところが大きいと、わたしは秘かに感謝しています。

ああ・・・それなのに阿呆な娘はときどき「Sくん・・・」とつぶやいているのです。そしてこんな邪悪な気持ちは賢いKくんにはお見通しらしく、最近ふたりの間に少々不穏な空気が流れている、とまぁ大体こんな感じの受験生の恋です。

Dvc00042 打って変わって穏やか人間のあねは、先日の敬老の日に、わたしの実家の祖父母にプレゼントを持って行った。わたしからはケーキとお花を付けた。孫からの『元気で長生きしてね』のカードにジジババは大感激だった。写真はおじいちゃんが趣味で作っているぶどう。一番大きいのにはさみを入れて、いただいてきた。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

連休3日目

休みも3日目ともなると、仕事が好きでないのに仕事が気になって仕方ない真面目世代のB男くんは、出勤する代わりに家の中で何かと働きたがります。                            試しにわたしがゴミ箱を覗きながら「今日って何曜日やったっけぇ?」と言ってみたら「月曜日やで、ゴミの日やで」との返事が返ってきました。すかさず「あっ!ほんまや、あかんわ、ぼけぼけや」とわたし。「・・んまっ、しっかりしてやぁ」と言いながら、B男くんはゴミ袋ふたつ提げてゴミ出しに行ってくれました。ゴミの日を忘れる主婦など滅多にいないと思いますが(実はたまに忘れますが・・)こうやってあほみたいな顔をして見せるのも、家の中の空気を円満に保ち、家事をスムーズに進めるための主婦の知恵であります。                              ゴミ出しから帰ってきたB男くん、次に「新しい掃除機の使い勝手はどうや?」          

          キターーー(゜∀゜)ーーー!!!

「それがなぁ、めっちゃええねん、今までの掃除機は何やってんっていうくらい軽いし、ようゴミ吸うし、ええもん買うてくれてありがとう・・・」                                      「そうか、ええか?ほんなら一回ボクが掃除機かけてみようか」                                        もうすっかりクモの巣に囚われたチョウであります。こういう場面で人を疑うことを知らないB型人間は、汗をかきながらもどこか楽しそうに掃除機をかけています。あんまり申し訳ないのでわたしは台所の床の水拭きをしました。こうして、本日室温30度を超えるれいち家の掃除はらくちんに終わったのです。                                 B男くんが掃除機かけるやなんてほんま珍しい、雨が降るわ・・・と思っていたお昼ころ、あんなに晴れていた空が一転かき曇り、ちょっと気温が下がりました。B男くん重ねがさねありがとう、ね。

1 昨日、用事で立ち寄ったアイスアリーナで、たまたま少年のチームが試合をしていました。館内とっても涼しくて応援のお母様方はひざ掛けを持参しておられました。HEROで話題のキムタク、こんなドラマやってたなぁ。しばし、暑さをお忘れください。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

晴れ!琵琶湖一周

Photo_14 Photo_12

ひと雨ごとに涼しくなってくると、あんなに困り者だった夏のヤローが恋しいような寂しいような気がして、よく晴れた一日、ともだちと琵琶湖一周をドライブしてきました。ガソリン満タン、走行メーターリセット、音楽CDもたくさん積んで、よく冷えたコーヒーとあられ、サングラス、すべてOKでAM9:30しゅっぱ~~つ。

琵琶湖畔を走る道はさざなみ街道といって、湖岸のすぐそばを通っており、走る人、自転車、バイクで周遊する人がけっこういました。途中、近江八幡のあたりで道を間違えながらもなんとか彦根でトイレ休憩。ひとつめのお城、彦根城を右手に拝んで、米原から長浜へ。ここでふたつ目のお城、長浜城を見ながらさらに北上・・・このへんから湖岸には人の姿がまばらとなり、緑が多くなってきます。湖水の色も深く濃く宝石のような色です。野鳥センターなる建物もありました。空気がすこ~し冷たいような気がします。                                 

Photo_6Photo_7                    お腹が減ってきましたが昼食予定のホテルまではまだまだ20kmくらいあります。奥琵琶湖パークウェイからマキノ町へ、ここは冬のソナタのロケ地によく似た風景の“メタセコイヤ並木”があり、寄っていこうというわたしに、背に腹は変えられんとあっさり却下する友、鬼。仕方なく運転続行。このあたりはテニスコートつきの別荘が並び、庭にヨットの艇庫を備えてあるところも多く、冬はスキー、夏は水泳と、一粒で二度おいしいという便利なところです。もうちょっと南下すると“温泉つき別荘350万円から”という看板がありました。これなら手が出そうだから、ふたりで折半して買おうか!?と盛り上がりましたが、スキーも水泳ももうあまりやりたくないとの意見が一致して、さらに南下。

やっと、バイキング料理を頂く予定の今津のホテルに着いたときは、PM1:30を過ぎていました。                            Photo_16 Photo_17 窓から一面、湖面が望める絶好のテーブルでしたが時間が遅いのであんまり食べるものがなく、ひと様がつつき倒した後のお皿はどこか虚しく清潔さに欠けて食欲がダダ下がり、食事もそこそこにホテルを出ました。

ここから先は道路が混むので、夕方のラッシュ時までにできるだけ南下しなければなりません。この辺は、ヨット、ボード、サーフィンなどマリンスポーツを楽しむ人の姿がちらほら、それらを見ながらひたすら運転を続けて大津に入り、琵琶湖大橋を渡りました。ああ疲れた、やっと無事に帰ってきました。

滋賀県が誇る琵琶湖   “母なる湖、預かっているのは滋賀県です” な~んて小洒落たコピーはけっこうわたしのお気に入りで、美しい湖は美しいまま次の世紀に残さなければならないと、面倒すぎるゴミの分別に耐えています。こどもたちも小学5年生になると琵琶湖の船上学習で環境問題を学びます。余談でした。

さて、この日の走行距離は 214.8km、休憩時間も入れて7時間かかりました。肩が凝り凝りです。ところで、琵琶湖は右回りか、左回りするかによって20kmも違うっていいますけど、本当かなぁ・・・!?

           《おまけ》 Photo_12                

Photo_13 風景の写真ばっかり載せたってつまんね~よ!と、ロム専門家に言われたので、ちょびっと顔出しします。ただし、大きくすると顔のシワが丸出しですので、クリックしてもあまり大きくなりません。“哀愁のれいち”と“満腹でごきげんのふたり”です。(9/14 17:30 記事追加)

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

『HERO』を観た

1 久しぶりに邦画を観ました。

木村拓哉、松たか子主演の『HERO』、ドラマ終了から6年ぶりに製作された映画です。豪華なキャスト、韓国ロケと韓国俳優のゲスト出演、脇役はドラマと同じ人を集めたと、公開前から話題をふりまき、このドラマ版を贔屓にしていたものの熱を煽ってくれました。

ナニを隠そうこのわたし、このドラマが好きで毎週欠かさず観ていましたので、映画の方も楽しみにしていて、封切り日は事前にいい席を確保しておいたのです。

以下ネタばれというほどのこともないけど、詳細知りたくない方は読まないでね

5_2 ストーリーは・・・手の込んだ謎解き、大どんでん返し、涙などありません。ロケは韓国まで行く必要あったのか、イ・ビョンホンもっと見せてよ・・・とやや不満があります、なのに何なんだろうこのおもしろさ、あっという間の2時間でした。6_2 随所に出てくるエピソードや人物のクセやお決まりの言い回しは6年前と変わりなく、ドラマを観ていた人には安心感を伴う懐かしさのせいか、あちこちの席から歓声さえ上がってました。

2 今回、豪華キャストの中でも松たか子のお父さんの松本幸四郎さん、辣腕弁護士の役でご出演なんですが、冷静、沈着な表情が全体をきっちり締めておられてさすがでした。またこの中年、きれいなんです。児玉清さん演じる次席検事とふたりのシーンが何ヶ所かあり、それがとっても美しく、清廉な法曹界の一部を垣間見た気がして目に焼きつきました。二度と見られないショットかもしれません。3

総じてうまくできた娯楽作品です。2時間ドラマでいいんじゃないのという声もあるらしいですが、ドラマとは一味違う目線で撮ろうとする作り手側の一生懸命さ、あれもこれもと盛り込むサービス精神などが伝わってきて、これはやはり映画館で楽しむ作品だと思いました。

気になるふたりの恋の行方を描くラストシーン・・・こう来たか!?と、ちょっと意外かな!?ふたりは今まで、微妙な距離を置きながらもはらはらさせられる関係がどうよ!?って楽しみの一つだったのに、このたび検事と事務官はちょこっと距離を縮めました~(  ̄з ̄)( ̄ε ̄ )

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

あねの誕生日

♪・・・I wanna dance do you like cha cha cha・・・
軽快なリズムの曲が流れ『男女7人恋物語』が始まりました。             明石家さんまと大竹しのぶが演じるカップルの恋の成り行き、心と裏腹な言葉がふたりの間をポンポン行き交うのがおかしくて、毎週このドラマを楽しみにしていました。

と、そのとき・・・臨月でヘソの穴まで伸びきったわたしのお腹に、きゅーんと縛られるような痛みが走ったのです。
ドラマを録画して、車に荷物を積んで、B男くんの運転で慌てて病院へ駆け付けましたが、その後わたしのお腹は緩慢な痛みを繰り返し、ようやく3日後の9月7日、予定日より3日早く産まれた子、それが我が家の長女です。                                               今から21年前のことでした。

Cake 予約しておいたバースデーケーキはこれ。                    およよ・・・またもやバタークリーム、うふっ。
希望どおり、スポンジの間にはレモン風味のジャムが塗ってあり、それが爽やかに香ります。トッピングのチョコは削ったミルク、編み目に固めたややビター、苦み走ったブラック、アクセントにコーヒービートと見た目もお味も多彩です。バタークリームに関してはカスタードかかった色と風味で、まったり感にはやや欠けるもののチョコとのハーモニーは絶妙。
ああおいしかった。今年のバースデーケーキはこれでおしまい。
Photo

あっ!この方の誕生日は来月です。一番かわいがっているあねがケーキを用意するそうです。

                                             

            《Addition》

Photo 誕生日のプレゼントは?とのお訊ねがありましたので、追加で載せます。

これです。中はANNA SUI のキーケースです。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

シュウカツ始動

この間大学生になったばかりだと思っていたあねですが、大学生活3年目の秋を迎え、いよいよ就職活動が始まりました。                                 インターンシップと言われる企業の職場体験の申し込みや、それに付随する作業のため毎日パソコンを開けています。旅行の日程とかぶると『思い出づくりか将来への布石か・・!?』と悩んだ末、旅行をキャンセルするなど就労への意欲が沸いてきたようです。

あねは今日、朝から美容院へ行き髪を切って黒く染めてきました。思い切り・・潔く・・黒いですが、なんだかかえっておしゃれに見えます。そこはわたしも行ってる美容院で、この間美容師さんと話していたら“勝ち抜くヘア”なるものがあり、シュウカツがもうちょっと本格化してきたらいらっしゃいとのこと。あねの持っているいいところを最大限に引き出すヘアにしてくれるんだそうです。何年も通っていると美容師さんにはお見通しなんでしょうねぇ、心強いです。

ところで昨日、掃除機に続けと言わんばかりに、お風呂のガス自動給湯が壊れました。夏の間はシャワーしか使わなかったので、久しぶりに湯船にお湯を張ろうとしたらエラー表示が出ます。シャワーや追いだきはできるのに・・・ということでガスの業者さんに来てもらいました。                                              屋外の給湯器のシステムが一部壊れているとかで部品交換、部品がなかったら本体交換ということになります、と淡々と説明されて真っ先に浮かぶのは『いくらくらいかかるんだろう!?』ということ。                                        (あぁ・・・掃除機はこないだ新調しました。ちなみに内緒の指輪より安かった・・・。)

ちょうど新しい給湯器があるので交換します、とこちらの意思を確認もしないで工事を進めようとするので慌てました。                                        「ちょっと待ってください、それはいったいなんぼくらいしますの?」                   「奥さん、お宅の給湯器はリース契約です、したがってタダ、工事費も要りません」

            晴れた~~~.。゚+.(´゚∀゚`)b。+.゚ !!

そうだった!!!3年前に以前のが壊れたとき、給湯機はリースにしたんだった。ガスストーブもリース契約で、春になったら引き取りに来てもらったんだった。おばかなわたし。                          ということで、めでたく給湯機もコントローラーも新しくなり、仕上げにお風呂の中でコントローラーの交換作業をした若い男の人から使い方の説明を受けているときに、その人の顔を見てはっ☆としました。

    『似ている、ソ・ジソプにそっくりだ、声まで似ている』                      ということで、ソ・ジソプくんを知らない人のために貼っておきま~す。なんだか得した気分の一日でした。

So_jisop_photo1 Photo

れいっちゃん、お風呂なおりましたえ~。

一緒に入りまひょか~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

気鬱

最近憂鬱な出来事が重なり、わたしは気分が晴れません。

【その1】 失業するかもしれない                       わたしは非常勤嘱託職員です。契約は1年、更新が可能ですがそれも5回が限度。しかし毎年、年度末になると「来年度もお願いします」と言われ続けすでに10年が過ぎました。ところが、来年度は本当に!ついに!契約更改がないとの噂があるのです。        わたしは今の仕事が好きですし、誇りを持って取り組んでいるつもりですが、今年度限りかと思うとテンションだだ下がりです。

【その2】 新たなる病変見つかる                      先日かかりつけの医院で、血管の健康度を測るため頚動脈に超音波をあててもらう検査を受けていたら、近くの甲状腺に小さな影が見えました。                                        実はこれは昨年からあったのですが、大きさから見て慌てることはないので来年また診ましょう・・・と言われていたものです。すっかり失念していましたが、今年も同じ大きさでしっかり画面に写っているのを見たときは、何だかちょっと凹みました。子宮に続きこちらも要経過観察です。

【その3】 大丈夫か?うーじん                       うーじんの成績が芳しくありません。この夏休みはわりと頑張って勉強したみたいです。しかし!新カレの登場で事態は少々変わってきました。昨日はデート、帰宅は午後10時を過ぎていました。         「受験生に恋は御法度や」と言ってた舌の根も乾かぬうちの御法度破りです。

Photoしかし、こうやって書き並べると、どれもたいしたことではないような気がしてきました。                      とりあえずお隣から戴いたこれ、草刈り機で切ってしまいこんな痛々しい姿になったそうですが、すでに半分以上ハロウィン化しているこのかぼちゃを片付けることにします。                                                           

| | コメント (36) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »