« 海外ドラマ | トップページ | 〇×〇の体育祭 »

2007年6月27日 (水)

不思議な出来事

きょう、久しぶりに以前住んでいたあたりへ行ってみました。

Photo_84 毎年この季節になると美味しいくずまんじゅうを売り出す和菓子屋さんがあり、「そろそろ出ているころかなぁ」と思って・・・。         このお店は、前にいばら餅を買ったお店とは100mほどしか離れておらず、付近には他にも和菓子屋が何軒かありお互いしのぎを削っておられます。余談ですが、ここのおかみさんは韓ドラファンで、わたしら話し出したら止まりません。

あったあった!!桜の葉を敷いた上にマイマイ模様のくずまんじゅう。家族の分と仏様になった義母の分とお買い上げ~~~。

帰り道、「このあたりあんまり変わらないなぁ」と懐かしさに浸りながら酒屋、花屋、床屋、ケーキ屋、自転車屋と来て、ふと思い出すことがありました。

何年か前、きょうみたいにこのあたりへ来て、商店街の中程にある駐車場まで歩いていたときのこと、自転車屋さんの店先で、その家のおばあさんが愛用の椅子に腰掛けているのを見たのです。Photo_85    このおばあさんはうちの亡くなった義母と仲良しで、あねが小さいときごみ箱の蓋を頭からかぶって首まですっぽり入れてしまい、どうにもこうにもとれなくて困っていたのを見て「入れたものは出せるに決まっている」と言って上手にとってくれた人です。
ちょっと声くらいかけていこうかなと思いましたが、通りのあちらとこちらだったし話せばきっと長くなるだろうからまた今度にしようと思い直し、でも具合悪くて入院してはるって聞いたけどなぁ・・・と少し不審に感じながらそのまま帰ってきたのです。

その次の日、そのおばあさんが入院先の病院で亡くなられた、最後の10日ほどは昏睡状態ですうっと眠るように息を引き取られたと義母から聞きました。不思議と怖さは感じませんでしたが、わたしの見たのは誰だったんだろうという疑問と自分の体験に自信がなくなりました。こんなことは誰に言っても信じてはくれないだろうから、義母とB男くんにしか話していません。義母は「魂だけ最後にちょっと家に帰ってきゃはったんやろ」と普通に言いますし、B男くんも「そういうこともありやろなぁ」といたって気楽な親子の会話でした。

早いものでその義母もあの世へ行って1年、今週末に一周忌の法要を行います。

Dvc00007 ふふふっ・・・。

|

« 海外ドラマ | トップページ | 〇×〇の体育祭 »

コメント

うちの亡母も早いもので、来週末、3回忌です。(ほんとうは7月末なんですが、お寺さんの予約の関係で早くなりました。

この写真て、アレ?^^;
私も最近はそういう話はコワイというより
じみじみしたりするほうが大きいかもしれません。
じっさいに暗いところで一人で遭遇するのはやっぱいやだけど~~~・・・

くずまんじゅう、おいしそうですわ。
和菓子じゃないけど、この季節、車で走っていて農家の野菜を売っているのを見かけると、母が生きていた時なにをおいても買っていたのが「枝豆」と「トマト」野菜が大好きな母でしたわ。
昨日ふと思い立って農家で買って来た今年初めての枝豆。
やっぱ美味しかったなあ。
(ちゃんとお供えもしましたで。)

投稿: miyuki | 2007年6月27日 (水) 20時18分

れいち本部長さん^^(まだ、笑いが・・・)、
↑みたいなゴミ箱、徳島の両親の実家にありマシタ。
年期が入ってそうですね~。
私も帽子みたいに被って遊んだ記憶がありマス^^;

おばあちゃん、きっと愛着のある家に、一瞬戻って来られたんでしょうね。
私は、結構身近な人の死を経験しているせいか、こういうコトってあるんじゃないかと思っています。
rei感^^がないのか、実際に会ったコトはナイですケド・・・
足がなくてもイイから^^;、父には会ってみたいデス(笑)
まだ、夢にも出てきてくれないので・・・

ところで・・・
毎日腹筋20回!! ヤッてますか~?^^

投稿: mojo | 2007年6月27日 (水) 22時50分

miyukiさん
お母さん亡くなられる前後、忙しくしておられたのがついこないだのようですのに、もう早や3回忌ですか!?
うちでは・・・お寺さんとの連絡、お供養の準備や料理屋さんの予約、仏壇周りの掃除も普段怠っている分、どっと仕事が押し寄せてきました。

枝豆、わたし茹でるの下手っぴなんです。
色も塩加減も難しいwww
だからすぐ冷凍買ってしまうんですけど、最近黄砂の国のものの安全性がが問題になってから我が家の冷凍庫から枝豆が消えました。
どうしたらあんなにきれいな緑に茹でられるんだろう・・・!?

この写真はある日のお月さん。
見事な半月だったのでケータイで撮りました。
撮ったの忘れててあとから見て“火の玉だ~~”って大騒ぎしましたが、よ~く考えたら・・って笑い話です。

投稿: れいち | 2007年6月27日 (水) 23時25分

mojoさん
旅行の準備は進んでますか?

このゴミ箱は、結婚するときにともだちからお祝いにいただきました。一緒に買いに行ったのでお値段知っています。20年前に1万円ちょいした高級ゴミ箱です。
高級なので捨てるゴミもティッシュなどしょうもないものは捨てません。
エルメスの爪楊枝とか、ヴィトンの洗濯ピンとか、カルティエの綿棒しか捨てません。

う~ん・・・なんか長く生きてるとmiyukiさんじゃないけど、よっぽど怖い生身の人間をたくさん見てきたせいか、こういう超常現象(?)が怖くなくなります。もうなんでもありぃって感じです。
お父さん、夢に出てきてくれたらいいのにね、そのときに話したいこと、今から準備しとかなくっちゃ、ね。

腹筋20回、やってまっせ~~~。
20回×2 やってます。
肝心の腹筋に何も刺激がなくて太ももが痛かったりするので長女に見てもらったら
「お母さんのは腹筋運動に見えて腹筋運動に非ず」
と言われました。
で、見本を見せてもらったら途中で止める!とかめっちゃきついこと言うんです。
それはできませんので、今までのやり方でやってます。膝は曲げて腰を痛めないようにやってます。

P子さんご紹介の腕組みも毎日やってます。
こういうところで几帳面さが際立つA型人間です。

投稿: れいち | 2007年6月27日 (水) 23時51分

なあ~んだ、火の玉じゃないのね。ほっとしたような、がっかりしたような。。。

やっぱり、おばあちゃんは帰ってこられたんですかね。こういうのはほんとに怖くないしなんだかちょっとせつないような。。。

私は霊感というものはさっぱりの人ですが、それなりに多感(?)な少女の頃。金縛りにはよくなりましたね。ほんとに動けなくて布団の回りを何かが飛び回るんです。そのうちに布団が逆さになるような感じがしてきて、回りを飛び回っていたものが体の上を飛び回りました。

でも、そのうち慣れちゃって寝るときに「あっ今日は金縛りになるな」ってわかるようになったし、自分で解くことも出来るようになりました。慣れってすごい!

山の中の家だったし、物の怪っちゅうやつですかね。

投稿: みどちん | 2007年6月27日 (水) 23時58分

幽霊とかお化けとか、超常現象も細○○子も、何にも信じないんですけど(笑)“いないはずの人を感じる”って感覚だけは、tartanもあります。
実は我が家には、本当は長男の上にもうひとりおったはずなのですが・・・・運がなくて無事生まれてこられませんでした。
ところがtartanたまに、その子を感じることがあるんです。
ウソみたいな、本当の話。
誰もいないはずの家に帰ってきた時など、パタパタという子どもの足音が聞こえたり、物陰からスーッと移動する影を見たり・・・・そういうのしょっちゅうでした。(最近は減りましたが)
別に怖くはないです。わが子ですから^^
男の子だと分かります。何でか、と聞かれても答えようがないんですけど・・・母親のカンですね。
今は遠いお墓で眠っていますが、時折思い出しては手を合わせています。

miyukiひょんのところも、そうですか・・・三回忌。
早いものですね。

投稿: tartan | 2007年6月28日 (木) 00時00分

みどちんさん
金縛り・・・わたしもよくあいました。
意識はあるのに動けない。
最初は怖かったけどそのうち慣れて、みどちんさんと一緒「来たな!?」ってわかってるけどもうめんどくさいから寝てしまうようになりましたねぇ。
わたしの場合は布団を上下に揺すぶられました。

疲れすぎとか欲求不満とか言われましたけど、確かにそういう時期でした、かも。

自転車屋さんのおばあさん、あのときたしか・・・足ありましたよ。
きょうも何か見えるかなぁと思い、しげしげと店先を見てしまいました。

投稿: れいち | 2007年6月28日 (木) 00時33分

tartanさん
そうなんですか、チャン兄・チャンの上にチャン兄兄が。
“その子”が生まれていたら家族の風景は全く違っていたでしょうね。
そういう話を聞くと、無事に生まれて無事に暮らしていることのありがたみを感じます。
mojoさんも言われるように、肉親だと近くに来てくれても怖くないですよねぇ。

でも冷蔵庫のアイスがどんどん減っていくのは“その子”のしわざじゃなくて、チャンだな、きっと。

うちの主人は長男みたいに思われていますが、戸籍上は次男です。
長男、病気で2歳のころ亡くなっています。
で、義母はけっこうな高齢でしたが、頑張ってもうひとり産んだ、それがB男くんです。
義母は亡くなるまでその子のことを折に触れては話し、道ばたの地蔵さんへ手を合わすことを欠かしませんでした。
長男が生きていたらB男くんはこの世に生まれてこなかったということです。

この世は不思議です、人の力ではどうにもならないことがいっぱいあるような気がします。

投稿: れいち | 2007年6月28日 (木) 00時55分

いやいや、毎日暑くて死にそうです!
暑いのが苦手な私には、今年は地獄・・・><

でも、この記事を読んで
すこし汗が引きました^^
不思議なことってあるもんね!

暑いから、少し歩いてこよう!
うん、不思議な私!?(爆)

投稿: ゆかりん♪ | 2007年6月28日 (木) 12時24分

ゆかりん♪さん
毎日歩いているの?
わたし、春に花粉症が出るからって歩くのやめてから、夏は暑いからとか、日焼けはカラダに悪いからとかいって、なんとなくづるづる~~~っと歩いてないです。

今日、仕事の帰りに寄ったスーパーの前の交差点で車×車がどっか~~~ん!!
一台は完全に仰向けになってました。
救急車、レスキュー車、消防車、パトカーで現場は騒然。。。
こんなんの方がよっぽど怖いですわ。

さて、うーじんのMRI検査が終わりました。
第4・第5腰椎のヘルニア、全治3ヶ月と診断されました。
本来丸い筒状の神経に軟骨が食い込み、∞の形にへしゃげておりました。これが癒着すると歩けなくなるそうで、速攻手術ですって。
治療はコルセットとリハビリしかないそうで、できるだけリハビリに通いなさいということでした。
お宅のお嬢ちゃんもまじめに通っておられる様子、受験期に入るまでに完治するといいですね。
うちは
「あ~、腰が痛くって勉強に集中できない」
とのことです、あはっ。。。

投稿: れいち | 2007年6月28日 (木) 20時53分

甥っ子が行ってるT大、とうとう“はしか”で明日からしばらく立ち入り禁止だって!
やっとここまで来たか。。。“はしか”
確か、れいちさんとこの甥っ子さんも一緒じゃなかったっけ?大丈夫ですか?うちとこのはピンピンしてバイトに精出してます。

投稿: みどちん | 2007年6月29日 (金) 22時54分

みどちんさん
こちらではかなり前から“はしか”のことやかましく言われており、長女の大学では6月に入ってすぐ抗体検査がおこなわれ、会場は長蛇の列だったそうです。
今のところ罹患者は出ていなくて、季節柄そろそろ沈静化するんじゃないかと読んでいます。

ご心配頂きました甥は、便りのないのは元気な証拠ってところでしょうか。
でも学内立ち入り禁止とは、ずいぶん思い切った処置ですね。
夏休み明けから母校で教育実習のため間もなく実家に帰ってくるそうで、じいちゃんばあちゃん大喜びです。
なんせ、次男なもんで将来は家を出さなければならないことが不憫なようです。
甘いわwww。

投稿: れいち | 2007年7月 1日 (日) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な出来事:

« 海外ドラマ | トップページ | 〇×〇の体育祭 »