« 高齢化社会における安全運転とそのモラル | トップページ | 笑い事じゃあない、腰痛 »

2007年6月18日 (月)

父の日・母の日、この差!!

先日の父の日、実家の父を訪ねました。

今年77歳の父は元気溌剌で“晴耕雨読”ならぬ“晴耕雨描”だと言って、掛け軸にした墨画を何点か見せてくれました。        わたしは慣れているのでふんふんと見てましたが、一緒に行ったB男くんは「わぁこれはすごいですね」とか「ひとつ欲しいです」などと上手に言うもんだからすっかり父につかまって、ウンチクあれこれ聞かされるはめとなっておりました。                   “晴耕雨描”の“晴耕”は菊作りとぶどう(巨峰)作りで、定年退職してから始めた菊とぶどうの栽培に心血注いでおります。                           秋になると「ぶどう狩りにおいで」とこどもたちを呼んでくれて毎年楽しみにしていましたが、最近はあまり行かなくなって収穫したぶどうを届けてもらうだけになってしまいました。

そんな父に今年用意したものは、冷温庫です。冷たいお茶がすぐ出せるように手元に置いて使ってもらいたい、との思いから・・・。

Photo_80 Photo_81

さて話は変わってわが家の父の日、あねからはワインが贈られました。チーズと生ハムを付けてなかなか気の利いたチョイスだす。そして期待していなかったうーじんからはケーキの小箱がぁぁぁ、母の日には何もなかったのにどういうこと?まぁ反対にわたしだけもらってB男くんにはないというよりいいかと自分を納得させた父の日でした。 

Dvc00017_1 遅くなりましたがB男くんの30周年のお祝いはこれ、セカンドバッグにしました。実はB男くんはセカンドバッグに関してはうるさい。持ち具合、ポケットの数と位置、ケータイ入れるスペースなど。以前持っていたのがずいぶんくたびれてきたので気になっていました。これは阪○百貨店で見つけ、少々高くてもこれっきゃないと思ったらわりとお手頃な値段でした。とても気に入ってもらえたことは言うまでもありませんでした。        

                           

|

« 高齢化社会における安全運転とそのモラル | トップページ | 笑い事じゃあない、腰痛 »

コメント

うーじんちゃんは、とりあえず、まずパパのほうを落とす作戦・・・?(これからもよろしくね、って??笑)
ワインはママもご相伴したのでしょうか。おいしそうです。
そして、30周年プレゼント、B男くん、よかったねえ。

そんなB男くんも薀蓄されちゃうrei父。うちの父親と同い年ですね。でもぜんぜんお元気そうで、かくしゃくとしていらっしゃるご様子。
なんか、さっき読んでいたブログの劇画家「平田弘史氏取材記」と被る・・・???
ウチのほうのコメントにも書いたあのブログのバックナンバーです。このひとの「お父さん物語」ものすごく面白そうです。

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_566c.html(0から6まで、リンクして行けます。)

投稿: miyuki | 2007年6月18日 (月) 18時48分

父の日、母の日、誕生日、結婚記念日等々・・・
我が家ではとかく忘れられがちであります^^;;;
子どもがふたりとも男の子、ということを除外してもtartan自身があまりそういった「特別な日」を意識しない(まあうっかり忘れちゃうんですけど(^^ゞ)ので。
だから今年も父の日は何もナシ・・・のはずでした。
ところが夫の職場でもいよいよこの7月からクールビズが導入される模様で、一気にそれ用Yシャツが必要になってしまったのです。
「んじゃ、今年の父の日はクールビズっつーことで^^」
と、あいなりました。めでたしめでたし(笑)
でもって父の日前日が結婚記念日だったと気付いたのは夫婦して昨日の夜のことでございました^^;;
どっちもどっちですね。

投稿: tartan | 2007年6月18日 (月) 20時05分

ぐふふっ・・・miyukiさん
先ほど読んできました。
そちらの世界にはあまり詳しくないもので、この方の作品も存じ上げませんが、豪放磊落なお方とお見受けしました。
タケクマという方の文風もたいがいウケました。

で、うちの父は豪放に見えて臆病、磊落に見えて小心でございまして、母が亡くなったら次の日に後を追うと申しております。
母も「そうした方がよい」と。
どっちもどっちな夫婦は金婚式を過ぎたことを忘れておりました、とさ。

ところでmiyukiさん、RV父さんにプレゼントは?

投稿: れいち | 2007年6月18日 (月) 21時03分

tartanさん
ナニに反応したって・・・ジューンブライドだったんですね!?
まぁ、羨ましいったら。
うちらのころはまだまだ結婚シーズンといえば春と秋でして、6月に結婚するハイカラな人なんてあまりいませんでした。

何年か前、姪が6月に結婚しまして、あいにくの雨の日で年寄り連中は「こんな梅雨どきに式挙げるからや」とか申しておりましたが、チャペルが雨で煙る中、なんとまぁウェディングドレスのきれいかったこと。

で、tartan家では節目の行事を忘れてしまうんですね?
昨日、B男くんが言ってましたが
「昔は父の日なんてなかった、母の日だけでそれもカーネーションを送るくらいだった」
と。確かにそうでした。わたしたち完全にノセられています。
でも年老いた両親には
「来年はないかも・・・」
とか考えてしまうんですよね。
「来年もいいもんあげるから、長生きしぃや」
と言い置いて帰ってきました。

投稿: れいち | 2007年6月18日 (月) 21時15分

ウチの父の車、4駆にはちがいないのですが、
今ではとんと見かけない、
すれ違うとき「うわ、古っ、いつごろの?」と
思わず誰もが言いたくなるシロモノです。
最後に私が借りた時、
「燃料メータこわれてるから、今は大丈夫だけど
なくなった時わからないんだ。」というので
ほんとにそうなったらどうすんの?と呆れた記憶。
車検の時直してもらったのかどうか
あれから足を踏み入れてないので謎っす。

もっとも、私と違って妙に几帳面な父。(O男)
ガソリンなくなるまで給油に行かないなんて
考えられないのでどっかで止まっちゃったなんてことは無かった模様。(もう遠出もしませんしね。)

父の日だからお寿司でも、と振ったところ、
好物のエビチリ頼む、と言われ奮発しました。

投稿: miyuki | 2007年6月19日 (火) 10時09分

miyukiさん
体調はいかがですか?

さて、父の日にはお父様のリクエストでエビチリでっか?
回る紫檀のテーブルで尾頭付きの海老を食されたのか、はたまた娘の手料理を堪能されたのか、野暮なことは聞きますまい。
喜寿を迎えてもなお、エビチリを所望されるとはなかなかお元気なお父さんですね。
ヨカッタヨカッタ・・・
お母さんはお~ぎょ~ち~、お父さんはエビチリ・・・中華がお好きなんですね!?

お互い、親孝行できるうちにいたしましょうね。
しかしまぁ・・・娘さんは体調崩して臥せってるっちゅうに、戦前戦後を生き抜いてきた昭和ひとケタは、つおい!!

投稿: れいち | 2007年6月19日 (火) 20時57分

77歳で元気溌剌なお父様、羨ましいデス。
私の父は去年、58歳で他界しました。 急なコトで死に目にも会えなかったので、1年以上経った今でも、まだ引きずってマス。200%ファザコンなので・・・^^;一人っ子なので、私には超甘かったデス。母とよりも、父と出かけたコトの方が圧倒的に多かったと思いマス。父の日は、必ずデートしてマシタ。お茶目でカッコイイ、自慢の父(B男^^)でした。

我が娘も一人っ子なので、B男の気持ちもワカラナイではないのですが、こうまでメロメロになるもんですかね~(汗)
父の日のプレゼントには、ハンカチと愛情表現タップリのカード!!
さすがAB女デス^^; 同じニオイを感じマス(笑)
コレにコロっとイッっちゃって、父の日なのに買い物に付合っちゃうB男って・・・(苦笑)

投稿: mojo | 2007年6月19日 (火) 22時03分

何と言う偶然!
P子の父は、rei父、miyuki父と同い年であります!
んが、我家の父は既に亡くなりまして、
今年で13回忌を迎えます。
(早いな~、もうそんなに?って気分ですワ)
んが、多分、父が生きてたとしても、
P家はmojo家と違って、「父の日」を覚えてる人は…いない(汗)

うーじんちゃんの字…今の子らしい(笑)
顔文字って、メールだけに使うんじゃないのネ^^;
今からファンレター書くので、
我も若い子ブッて、絵文字を活用しますワ~!

投稿: pianon | 2007年6月19日 (火) 22時40分

れいちさんのお父様は悠々自適って感じがしますね。
私の父はわが道を行く(B男だったはず)タイプで人が何と言おうと全く気にしない。なんだかこの先、車ぶつけられたあのじいさんみたいになるようなきがします(心配‥)
今度の土曜久しぶりに会いに行こうと思ってますが、前もって行くからと連絡しておいても山に下草刈りに行ったりお風呂行ったり自分のしたいようにして待っててくれない。
(せっかく娘が会いに行くってゆってるのにこれだもんね)

セカンドバッグ素敵ですね。その後どうなったんだろうって気になってたんですよ。れいちさんのセンスが光ります。

投稿: みどちん | 2007年6月19日 (火) 23時20分

mojoさん
お父さん、若くしてお亡くなりになったんですね!?
しかも看病もできなかった、死に目にも会えなかった、というんじゃ1年経っても、まだまだお父さんの思い出に浸ってしまうのは仕方ないと思います。

うちでは主人の母が昨年亡くなりました。
長患いの末の大往生でしたが、こないだわたしの実家で主人がわたしの母に
「ときどき、お袋が元気だったころの夢を見る」
と言ってました。
あら、わたしにはそんなこと言ったことないのに・・・。
「うんうん、いっぱい夢見てあげたらいいんやで」
と母が返事していました。

mojoさんもお父さんの夢いっぱい見て、いっぱい思い出してあげたらいいと思います。
>まだ引きずってマス。
いいじゃないですか、引きずってたって、泣いたって、mojoさんだけのお父さんなんですから。

そういう姿をお嬢ちゃんが見たとしても、それもいいことだと思いますよ。
家族や親子って、そういうもんだと・・・よくわかる年齢だし、お母さんやおばあちゃんを大切にしてくれると思います。

投稿: れいち | 2007年6月20日 (水) 00時12分

P子さん
お宅のお父様はそんなに前に亡くなられてたのですか?
(ワンちゃんの死の方が悲しかったって言ってたっけ?)←不謹慎だにゃぁ。mojoさんのコメ読んでしんみりしていたのに。

P家では書道に造詣の深かったお父さん、さぞやその娘さんも達筆であらせられましょう。
うーじんは、厳しいお母さん先生のもとで毛筆硬筆叩き込まれましたが、いつの間にかこんな字を書く子になっちまいました。

では、自筆のファンレター、頑張ってね。
「イルマーレで初めてお会いした日からあなたのとりこです」で始まるんだな、きっと。
いいなぁ、そういうエピソードのある方は・・・。

顔文字サイトのURL貼っときます。参考になさってください。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/6560/kaomoji/50-f.htm

投稿: れいち | 2007年6月20日 (水) 00時28分

みどちんさん
お父さん、B男さんなんですか。
それはそれは・・・mmm なんやねんこの沈黙!

わたしの父は確かに悠々自適です。
やりたいことやってます。
几帳面で器用でおもしろい人だけど、やはり年寄り特有の頑固さは年々上昇志向にあるようです。
しかも、せっかちさも度合いを増して、「明日にすればいいじゃん」てことも、今日中にやらないと気がすまないようです。
この点、みどちんさんの車に追突した爺様みたくなるかも・・・。

実家のこどもたちは3人いますが、男の子ふたりは完全におじいちゃんのことをイジッてます。
イジられてるおじいちゃんも孫には怒りません。
わたしは小さいとき、怒られてばかりだったのに・・・。

土曜日、気をつけていってらっしゃい~~。
またワイン、用意してくれてるかもよ(笑)

投稿: れいち | 2007年6月20日 (水) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父の日・母の日、この差!!:

« 高齢化社会における安全運転とそのモラル | トップページ | 笑い事じゃあない、腰痛 »