« 遅寝・早起き・ときどきうたた寝 | トップページ | 4人にひとりが持っている »

2007年5月26日 (土)

その後のサンチュ

4月20日に植え付けをしたサンチュはその後も順調に成育し、摘んでも摘んでもすぐに大きくなります。

Photo_39 おかげさまで虫にも喰われず、肥料なしでもどんどん育っています。

このようにほとんど坊主の状態まで葉っぱを摘みます。この大きさのプランターだと2株でもよかったかもしれません。

Photo_36 5日もするとこのようになってます。

下の方の葉っぱが必ずしも大きいとは限りません。緑の色が濃くなってきたように思いますが、軟らかさは変わりません。

これくらいの大きさだと焼肉一口サイズを包むのに最適です。

 Photo_47                 

《焼き肉のサンチュ包み》

前にも載せましたが、基本の食べ方。

焼肉を包みます。この日は牛カルビと豚トロでした。

 Photo_46  

 《トマトとサンチュのイタリアンサラダ》

無理やり名前をつけてみましたが美味しそうに聞こえますねぇ。右上にちらっと写っているのは我が家の定番ドレッシング、ピエトロのオレンジキャップで、これをかけるととってもイタリアンになります。上に乗っているのはサラダパスタというパリパリ麺です。

Photo_48  《あぶりほたてのサンチュ包み、サムジャン添え》

これは正直言ってわさび醤油で食べたほうが美味しいかもしれない。ちょっとあぶって甘みが出たほたての風味をサムジャンが邪魔しました。サンチュは邪魔をしません。控えめでお利口な野菜です。

Photo_42 《アボカドと生ハムとサンチュの生春巻き》

姉は生春巻きを巻くのがとっても上手です。皮を湿らせシワにならないように手早くきゅっと巻くのがポイントです。生春巻きの皮はコメの粉でできているのでけっこうお腹がふくれます。これはと~っても美味しかったです。

Photo_43 《サンチュのカリフォルニアロール》

巻きものをもうひとつ、お寿司にサンチュはよく合います。これはサニーレタスの代わりにサンチュを入れました。さくさく爽やかな食感で美味しかったです。

このほかにも《豆腐とサンチュの中華サラダ》とか《わかめとサンチュのピリ辛スープ》とかも作りました。(今、急に名前をつけた)

何気なく植えた野菜でしたが、こんなに活躍してくれるとは思いませんでした。何より毎日成長を見守るのが楽しみです。しかし・・・もう料理のレパートリーは思いつきません。

 

|

« 遅寝・早起き・ときどきうたた寝 | トップページ | 4人にひとりが持っている »

コメント

あ~~ん、お昼食べたばっかりなのに、もうお腹すいてきました~、れいちさあ~~ん。
よそのお宅の食卓を覗くのは、本当に参考になります。何か新しいメニューを・・・と常々考えてはいるものの、結局最後は「いつものアレ」になってしまうので(笑)
生春巻きはtartan家でも定期的に食卓に上りますが、いつも決まった具しか巻きません^^; 
アボカドと生ハムかあ・・・・今度是非試してみますね^^

投稿: tartan | 2007年5月27日 (日) 13時18分

サンチュ三昧メニューですなあ、すばらしい。
ふと、冷凍庫にある大きなホタテ思い出し、
むらむら食べたくなりました。
バターしょうゆ味ってだめかしら~~(う~~涎)

昨日うちのヘビロテメニューの「アボガドと男前豆腐のやっこサラダ」をやったのですが
なんでか外面の黒い割りにまったく「熟れてなかった」アボガド、考えあぐねてレンジでチン。
なんかちょっとタロイモみたいなかんじでしたが
どうにか食せました。

このメニュー、量がけっこうかさむのでダイエットに
お勧めかなあ。
「男前豆腐店」の「ジョニー」とか「まさお」とか使います。ここがミソ。師匠筋の三和豆腐店のでもおっけ~。

小丼に大胆にスプーンですくった豆腐とアボガドを盛り、生姜を擦ってカイワレと鰹節、それからプチトマトなどで色よく。サンチュもおともにいいかも。

ドレッシングは和風の、ゴマ醤油などでキメてね。

・・・・って、単に盛るだけだから、
れいちさんのような愛情料理とはいえないけど
^^;;

投稿: miyuki | 2007年5月27日 (日) 16時05分

tartanさん、こんばんわ
突撃となりの晩ごは~ん!!
うちこそtartan家の献立は参考にさせていただいてるんですよ。
・・・っていうよりお宅の献立はチャン坊の提案でしたね(笑)
うちも生春巻きはサラダ感覚でよく登場します。
アボカドと生ハムとかマグロとか・・・まるっきり居酒屋のぱくりです。
この全国展開の居酒屋というところは、新しいメニューの開発に心血注いでいらっしゃるので、たまにチェックしにいかないといけません。
おばちゃんばっかりが
「味付けはナニ使うてんのやろ!?」
「おだしが効いてるなぁ」
などとみんなで額を寄せて、まるでスパイのようです。

投稿: れいち | 2007年5月27日 (日) 23時33分

miyukiさん
豆腐のぶっちゃけ盛り(今、急に名前をつけた)・・・美味そうです。
これからの季節はやっぱ「生姜」が欠かせませんねぇ。
素麺だって昔は薬味におろし生姜(黒っぽい土生姜)でしたのに、最近じゃわさびで食べるようになってしまいました。
最近うちの方へ外商っていうか、軽バンでぴ~ぽ~って豆腐を売りに来てくれまして、ちょっとお高いけどこれがじんわり甘くて美味しいんです。
ただ、「来たな」て外に出たらもう向こうの通りに行ってて諦めるということに・・・。
2・3回続けて買うと、うちの前でずっとぴ~ぽ~って車が停まるので、買わんわけにはいかない・・・。

男前さんちの「女やねんけど男前・お嬢」ってmiyukiさんのことですよね(大笑い)

投稿: れいち | 2007年5月27日 (日) 23時49分

凄いな~。サンチュひとつでこれだけのメニュー考えるれいちさんってやっぱり“師匠”ってお呼びしたくなる!

うちにはこれから夏野菜がわんさととれるのに何を作っていいのやらさっぱり。。。もうすぐ野菜が私を襲いに来る~!!!

そうそう、冷凍食品。私は冷凍の野菜は上に書いた通り買う必要がないんですが、中〇産、台〇産、ニュージーナントカ産といろいろあるんですよね。たぶん、うちに野菜がなくてもあまり買わないかな‥。

あー、うちの娘③かなりのオトコマエです(笑)

投稿: みどちん | 2007年5月28日 (月) 20時54分

みどちんさん
この野菜、最初は焼肉を包むくらいしか思いつかなかったんですけど、フツーにレタスのように使ったらレパートリーが増えました。
ただ、レタスは熱を加えてもシャキシャキですが、サンチュはペショペショになり、適していませんでした。

夏野菜が襲いに来るって、ぷぷぷっ・・・。
茄子と胡瓜ばっかり、鈴虫じゃあるまいし、ね。
近かったら頂きに行きたいです。
わたしは夏場、ぬか漬けを作ります。
茄子、胡瓜、大根、人参・・・ファスナー付きのビニール袋に入れて、冷蔵庫で少しづつ漬けて食べます。
ぬかの管理が悪いのですぐに酸っぱくなりますが、そのときは袋ごとポイ!してまた新しいぬかで漬けます。

男前の娘③ちゃん、惚れそう。
一回見てみたいものですわ。


投稿: れいち | 2007年5月28日 (月) 21時37分

ぬか漬ですね。今年挑戦してみようかな。でも、私料理ヘタなんですよぉ。むむむ。。。

娘③性格もオトコマエです(^^;)

投稿: みどちん | 2007年5月29日 (火) 21時55分

みどちんさん
>娘③性格もオトコマエです(^^;)

うちもたぶん・・・
女の子ばかりの中では当然お山の大将(副大将くらいかな?)してると思います。
男の子に対しても同じ調子で喋ったり接したりしてると思います。
喧嘩の仲裁が好きで、先生への要求には最前線に立ってます。
こういう猟奇的な女の子を好きになる男の子というのは、怖いお母さんを持ってる子に多いようです。

投稿: れいち | 2007年5月29日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/6561442

この記事へのトラックバック一覧です: その後のサンチュ:

« 遅寝・早起き・ときどきうたた寝 | トップページ | 4人にひとりが持っている »