« またまた食いネタ | トップページ | 職業選択の自由 »

2006年11月 1日 (水)

今でも怖いもの知らず

娘二人は、小さいときから剣道をしています。

きっかけは・・・

姉が小学校2年生のときの父親参観日のことでした。初めて参観日に出かけたお父さんが憤慨して帰ってきました。

「姉はうつむいたまま、手を上げるどころかまともに黒板も見ないで縮こまっていた」

スイミングはぴぃぴぃ泣いて半年でリタイヤしたところだったので、夫婦で

「これじゃいかん!」

ということになったのです。

『ちゃんと相手を見て話せること、大きな声で挨拶できること』

とりあえずこれだけを目標に地域のスポーツ団体を見て回り、大きな声を出す・全身の筋肉を使う・比較的怪我や故障が少ないという点で、剣道に決めました。

本人はイヤだイヤだの尻ごみで、見学の段階から泣いていました。

しかし、ここでうーじん登場!!

「うーじん、剣道やる!!姉、一緒にやろう」

こうしてこのときから姉妹は、延々10年ほど竹刀を振ることになったのです。

Dvc00002_1 最初、怖いもの知らずのうーじんの方がぐんぐん伸びました。(写真左は剣道を始めたころ)

しかし、高校生になった時点では努力家の姉の方がよい戦績を残せました。

引っ込み思案で泣き虫でいつも人の後ろに隠れていた姉は、今でも人前で話すのは苦手みたいですが、中学生でドイツへ、大学生でオーストラリアへ留学するなど、小さいころの引っ込み思案が嘘のような楽しい日々を送っています。

今日は、うーじんの試合の日でした。(写真右は、健闘むなしく引き分けた本日のBokasiiri試合)

飛び込んで打って出る、うーじんらしい技があまり出ませんでした。

こうして試合の追っかけができるのもあとわずかだと思うと、ちょっと寂しい母なのでした。

|

« またまた食いネタ | トップページ | 職業選択の自由 »

コメント

れいちさん、こんばんは。
ボクは手が短いから竹刀が持てません…。
うーじんちゃんのような可愛いらしいVサインも僕には出来ません。(可愛いガッツポーズはできるよ!)
うーじんちゃんが竹刀を置いたら寂しいだろうね。

投稿: いぬくん | 2006年11月 2日 (木) 16時55分

>こうして試合の追っかけができるのもあとわずかだと思うと、ちょっと寂しい母なのでした。

早くそんな気持ちになってみたいtartanです。
今年、チャンのサッカー(スポ少)の役員なんですよ・・・こんなに大変だとは思わなくて、もう、真剣に来年はやめさせようかと考えています。身も心もぼろぼろです。本人は楽しんでやっているようなのですが、tartanの方が限界です。
一日の携帯の着信件数、60件超えたりすることもあります。
剣道はどうでしたか? 役員とか、ありませんでしたか?
自分だけが弱い人間なのかと、この頃ちょっと落ち込んでしまっています。
れいち先輩~~、何かよい助言を~~(泣)
・・・・って、つい愚痴ってしまってごめんなさい。

うーじんちゃん、引き分けでしたかあ。残念。
ある意味引き分けって、一番悔しいですよね、本人。
がんばれ、うーじんちゃん^^

投稿: tartan | 2006年11月 2日 (木) 20時03分

いぬくん、こんばんわ
うちのまろんくんは、噂のとおり短い手足(どれが足でどれが手なのか!?)でお気に入りの野菜クッキーを押さえつけて食べる姿はまるで・・・りすです。

ところでいぬくん、マフラーに続き帽子を編んでもらったのね。
飼い主さんは「編み物なんて初めて」って言ってるわりには、なんでもお上手ね。
今度は今年流行のポンチョをおねだりしてごらん?

投稿: れいち | 2006年11月 2日 (木) 22時27分

tartanさん、ちょっと長くなりますがいいですか?
もちろん剣道の世界でも役員・・回ってきました。
会長
副会長
会計
事務長
ここらへんが大変な役どころでしたね。
わたしは全部やりました。
会長は普通お父さんがやるものと暗黙の了解がありましたが、わたしのひとつ前の年にどうしてもお父さんが出てこれないおうちがあって、やむなくお母さんが会長を引き受けてくれたりして、その流れでわたしにも会長職が回ってきました。
事務長が一番大変でしたねぇ。
練習日程、会場の確保、遠征の計画、指導者への連絡・・あまりの事務の煩雑さに音を上げて、事務局員の方々にやや強引に仕事を振り分けさせていただきました。ちょっとヒンシュク買いましたけど、結果これが次の年の事務引継ぎにおおいに役立ちました。
組織が大きくなると、あるいは常勝と言われるチームになると、一生懸命保護者会のお仕事をやってくれる人ばかりじゃなくて、文句ばっかりの人、気に入らないとすぐに「辞める」という人・・まぁ色んな人がおられました。
おまけに、こどもがレギュラーになれるか否かで保護者の間に溝が出来て、選ばれる子の親もそうでない子の親もつらい思いをしました。
でも、本当につらいのはこどもたちですよね。
頑張ってもレギュラーになれないことだけでもつらいのに、お母さんたちがモメていることはなんとなくわかるのでしょう、本当にかわいそうでした。

でもね、tartanさん
今から思えば、大変だったけどなんて充実した年月だったんだろうって心の底から思えるのです。
あんなに熱くなって、ひとつの目標に向かって泣いたり笑ったりしたこと、親子で心通わせたことは・・以来ないと思います。
うちの子の所属していたチームは結構強くて、ほぼ毎年日本武道館での全国大会に出場しました。
バスを仕立てて遠征した方々とは「同じ釜の飯」仲間です、今でも時々寄っては飲みます。

tartanさんのブログでも、土日はサッカー三昧で、気の休まる日がない状況が見えて気になってました。お仕事持つお母さんにとっては、しんどいことだと思います。
でもチャンが辞めない限り、親は応援してあげなければならないし、親の会の仕事も付いて回ることでしょう。どこかでこっそり手と気を抜いて、愚痴れる仲間と吼えてください。そして、気の合わない方と無理やり合わそうとしないことです。みんな仲良く・・は理想ですが、みんなに満足してもらえる運営ははっきり言って無理です。「いろんな人がいるんだなぁ」くらいに考えて、無駄な努力は省きましょう。
もちろん、ここでも吼えてください、愚痴ってください。わたしでよければ、いつでもなんなりと聞きますよ。

投稿: れいち | 2006年11月 2日 (木) 23時28分

れいちさ~~ん (涙) 本当にうるうるしてしまいました。ありがとうございます。ちょっと、元気が出てきました。
体もですが、それよりも心が疲れてしまって何だかイライラしてしまって、このところずっと「来年はやめさせる・・・・絶対今年でやめる」ばっかり呪文のように繰り返しておりました。
確かに強いチームというのはコーチの熱の入れようも半端じゃないですよね。チャンのチームも実は前年、日本初のプロ養成学校のようなところに入学した子がいて、そのことでコーチ陣も「すわ、次は誰だ」みたいな感じになってしまって・・・・気付いたらクラブチーム並みの試合数になっていました。
サッカー選手になりたい、という子はいいんですがチャンみたいな「別にプロになんかなりたくな~い」という(笑)輩には、結構キツイスケジュールで、親のほうもバテバテ。
でも、せめて卒業まで続けさせてやりたいとは思うんです。何でも途中で放り出すのはやっぱりよくないから。

本当に、コメントありがとうございました。
もうちょっとがんばってみようと思います。
また愚痴、聞いてください(^^ゞ

投稿: tartan | 2006年11月 3日 (金) 13時44分

ポンチョ?…うふ、いい事聞いちゃった…u^エ^u

tartanさん、頑張れとは言えないから元気出して。

投稿: いぬくん | 2006年11月 4日 (土) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今でも怖いもの知らず:

« またまた食いネタ | トップページ | 職業選択の自由 »