« プリクラ欲しがるお母さん | トップページ | タダほど嬉しいものはない »

2006年11月15日 (水)

姉のつぶやき

昨夜姉は、アルバイトから帰ってきて一人で遅い食事をした後、自分の使ったお皿とうーじんが使い放っておいたお皿も一緒に洗っていました。

「姉・・すまんすまん、悪いこっちゃねぇ、恩に着るわ」

と言われ、妹の分も洗う羽目になったということです。

うーじんはいつもこういう言い方をしてその場その場を切り抜けることがよくあり、周りのものは「しゃぁないな」とケムに巻かれてしまうのです。

姉がぽつりと言いました。

「わたしはあんな言い方甘え方はしなかったし、お母さんも許してはくれなかった。だからそういうところ、うーじんがうらやましかった。」

そうそう、たぶんそうだろうと母は気づいていましたよ。

でも、ついついうーじんのこと甘やかしすぎてきましたねぇ。言いやすい姉にばかり用事を言いつけて、いろんな面で辛抱させていました。今でも辛抱させています。

あねが5歳、うーじんが2歳のころ、わたしは病気で1ヶ月ほど入院したことがあります。

退院した日に

――うーじんはしくしく泣いてばかりで、姉はしっかりお留守番していた――

と聞かされ、真っ先にうーじんを膝に乗せたことを思い出しました。

あのとき・・・もっと姉を褒めて抱きしめてやればよかったと、十数年経った今ごろふと申し訳なく思いました。

お皿をきれいに洗い終えた姉に

「ありがとう、またお年玉いっぱいあげようね」

と言ったら

「はいはい、期待していますよ」

と、かわされました。

Photo_10 ←こちら、「サントリー山崎蒸留所」のファクトリーショップで購入したウィスキーボンボン。“ローヤル”の12年もの入りで、ボンボン好きにはこたえらないおいしさ。

Photo_14 ←こちら、LOTTEの「芋焼酎ショコラ」 鹿児島県産さつまいも黄金千貫で作った芋焼酎いりのチョコ。“ショコラ”というおしゃれなネーミングをぶっとばす勢いの芋焼酎入り。お味はなかなかにイケる。

きょうも写真と本文は関係ありません。

|

« プリクラ欲しがるお母さん | トップページ | タダほど嬉しいものはない »

コメント

まったく今週は風邪引くし仕事忙しいし、
ついでに父親まで風邪引いて、
病院付き添いして立ちんぼうしていたら、
腰痛も出る、というとほほの3重苦。

しかし、れいち母さん・・・
去年我が家は「母親」を亡くしましたが
ほんとに母親というものは一家の中心ですわ。
今は仕方なく長女の私に家の用事が集まってきて、
私はといえばどっか逃げたいと思っていて
覚悟も決まらないの。
だって、この家は「他の主婦」が作った家。
やっぱり母の代わりにはなりませんわ。
・・・・なんてね。

親のほうが先に逝くのは仕方ない、
しかし今日び、子供のほうもなかなか
ほんとうの大人になるきっぱりしたタイミングって
曖昧なんでないかなあ・・・と
実感してる次第ですわ。

うーじんちゃんとお姉ちゃんの年頃には
私と妹もまさにこんなかんじでした。
こんな悩みなんてずっと遠くにあることで、
今は想像すら及ばないのだろなあ。

私は幼少より「変わり者」であったため、
亡き母は、祖母(自分の母親)に子育てについていろいろ言われて喧嘩もしたらしいです。
母もれいち母さんのようなこと考えていたのかな、などと思い、遠い目になりました。

投稿: miyuki | 2006年11月18日 (土) 19時32分

miyukiさん
前にも姐さんのブログに書かせていただきましたが、姐さんはゴミ出ししていても、近所のお葬式のお手伝いしていても、味噌汁の残りに冷ご飯とキムチ入れて食べていても、あっ天カス忘れずに・・・(こういうことだけよく覚えている)全く生活臭を感じないのですよ。
主婦してるったって、どっぷりじゃないからどことなくかっこいいんですよね。

>ほんとうの大人になるきっぱりしたタイミング・・

わたし、20年ほど前に親の元から離れて、親の死に目には会えないかも・・な~んて覚悟して「嫁」にきた身でも、今だに年老いた親に頼っていることいっぱいあって、ほんと・・・しゃーない年増ですわ。
おまけに自身の本業である「親業」に関しては、自信あるフリしているけど、実際は迷ってばっかり、愚痴ってばっかりで、情けなや・・。

今日、インフルエンザの予防接種受けようと思ったけど、検診が思いのほか時間かかって内科医院へ行く時間がありませんでした。来週は絶対受けなくっちゃ。

風邪が流行り出しました。
お父様、お大事に。
姐さんもお大事に。

投稿: れいち | 2006年11月19日 (日) 00時17分

幼稚園の運動会とかで、みんなお遊戯しているのに一人だけぼ~っと立ってる・・そんな子がいるでしょう?うちの兄さんそれだったんです。人より1テンポも2テンポも遅れてるのを見て、どんなに焦ったことか。やることなすこと先回りして、手を出し口を出し・・・。おかげですっかり人の顔色を見る子になってしまいました。私の言わんとしている事にはとても理解が早く、役に立ちます。・・・が、こんな人間に育ててしまって・・・。
その反動で、弟には「この子は大丈夫、何とかやるさ~」と思っていたのに、なんともなっていなかったのが、今になって発覚。ああ、本当に子育てって難しい。

レスが遅くなってごめんなさいね~。返事はいいですよ。

投稿: みや | 2006年11月19日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姉のつぶやき:

« プリクラ欲しがるお母さん | トップページ | タダほど嬉しいものはない »