2024年4月24日 (水)

『あきない世傳金と銀』

我が家では、日曜日の夜にNHKの大河ドラマを観るのを楽しみにしています。
地上波ではなく午後6時からBSで観ます。
このために5時過ぎから順番に(・・・って言ったってふたりだけど)お風呂に入り、夕食の下準備をして、笑点で一之輔と宮治が口論を始める大喜利の終盤にはテレビの前にスタンバイ、登場人物の名前が覚えにくいので、字幕を出して準備もOK。

あ、話がそれました。
このBSの大河ドラマの後に時代劇があります。
たいがい少し前のドラマ、雲霧仁左衛門だったり赤ひげだったり鳴門秘帖だったりの再放送ですが、あるとき再放送ではない、明るい画面のドラマが始まりました。
小芝風花ちゃん主演の『あきない世傳(せいでん)金と銀』です。
B男くんはお気に入りの女優さんにはちゃん付けです、小芝風花ちゃん、瀧本美織ちゃんなど・・・。

Img_5127NHKサイトからお借りしました。

またまた、話がそれました。
主人公の幸は学者の子として生まれたものの、家の没落により9歳で大阪の呉服商五鈴屋に女衆奉公に出ます。
女性に知識や教養は要らないと言われた時代に幸はその商才を見込まれ、ピンチの五鈴屋を救い、廃れる家系を守って、商人として成功していく痛快時代劇です。

幸はイケイケドンドンの娘ではなく、控えめで思慮深く、次々商売のアイデアを思いつく、さらに田舎の地味な小娘が、都会の水に洗われてだんだん美しくなっていく、やがて店主の・・・しかし店主は・・・次々と店主は・・・
ドラマはほんの初期の源流編を描いて昨年末に放送終了となりました。

あまりにもおもしろいので原作本を買いました。Img_5125
作者は『みをつくし料理帖』など書かれた高田郁さん、こちらも黒木華さん主演でドラマになりました、わたしは観ていませんが。
小説『あきない世傳金と銀』は全13巻、特別編が2巻。
ただいまわたしは7巻目、江戸店を出した幸が大阪と江戸の文化や生活習慣の違いを乗り越えて手腕を発揮するところです。

わたしが本を読むのはカサの低い文庫本だけ、しかも通勤の電車内だけでしたが、これは食事の間も夜布団に入ってからも読んでしまいます。
激動の運命に立ち向かう幸、がんばれ、その名のとおり幸せをつかみなはれや。

と、言うことで原作もドラマもおすすめです。

| | コメント (0)

2024年4月20日 (土)

48歳から20歳若返るメイク

Instagramを見ていると、年齢不詳の女性がすっぴんでダンスをしながら登場して、その後メイクをしていく様子の動画があり、メイク前とメイク後のあまりの変化の大きさに繰り返し見てしまうことがあります。

メイク前、こんな感じの女性です。

M2

いくつかパターンがありその都度髪型や衣装は変わりますが、最初に必ず顔全体にたっぷり泡をつけて洗顔します。
この間も踊っています。

M3

ファンデーションを塗り、白や黒で陰影をつけ、眉毛を描いた次・・・ここ!ここ!

M4

ここで別人と入れ替わっているのではないかと疑うほど目が大きくなっているのです。

M10

仕上がり、全くスッピンの面影はありません。
48歳とはとても思えません、お見事です。
ちょっと性別不明の絵になってしまってすみません。
実物はもっときれいです。

M6

InstagramやyoutubeやTiktokで『48歳のおばさん メイク』などで検索してみてください。

| | コメント (2)

2024年4月17日 (水)

たけのこ

たけのこの季節が近づくと実にそわそわします。
スーパーに出回る初物は赤子の握りこぶしくらいの大きさで1,000円超え。
ふ~んと通り過ぎ、以来スーパーへ行くたびにお値段をチェック。
だんだん大きくなってきて、お値段は下がってきます。
まだまだ・・・
ほどよい大きさで500~600円くらいになるとやっとお買い上げです。
これ以上大きくなると固くなり廃棄の部分が増えて、いくら安くてもおいしくない。

先日はイオン系スーパーで498円をふたつ買いました。
だいたいたけのこの売り場にはアク抜き用のヌカが置いてあるものですが、なかったので、そばにいた店員さんに聞いたら
「すみません、ないんです、こないだまでは入ってきてたんですけど、ちょうど今なくて、今度必ず入れときます」
このやりとりをそばで聞いていた女性、持ったたけのこを売り場へ戻しました。
最近ではコイン精米機にもお持ち帰り用のヌカは置いてません。
たけのこだけ売ってアク抜き用のヌカがないって、やっと見つけたトイレに入って用を足したはいいが紙がない、みたいなもんじゃん、え?ちょっと違う?

しかし、わたしは知っています。
漬け物用のヌカが売られていることを。
ふふふ、あったあった、ミョウバンや浅漬けの素と並んで、塩や昆布の入っていない米ぬかが198円。

こうして無事、大好きなたけのこご飯が食べられました。

95

実家の母の里には竹林があり、叔父が毎年たくさんたけのこを届けてくれて、わたしもそのおこぼれに預かっていました。
ここ数年は、叔父が病気がちとなり、自分では掘れないので
「好きなだけ掘って持っていっていいぞ」
と言ってくれてました。
そんな叔父も昨年、天国へ旅立ってしまいました。

先日、叔父の竹林のそばを通ったらわっさわっさと竹が伸びていました。
今、日本では放置竹林が増えて、成長の早い竹が樹木を覆い尽くし、日光が当たらなくなることで樹木が枯れ、根っこが横に伸びる竹の力では山の斜面を支えきれずに土砂災害が起こりやすくなると言う問題があります。

いくらわたしがたけのこご飯を食べても、水煮は国産しか買わないようにしても、とても追いつかない問題です。

| | コメント (0)

2024年4月13日 (土)

魚のおろし方を注文する

普段あまり行かないスーパーマーケットで鮮魚市をやってるとB男くんが見つけてきました。

どれどれ、週末に2人で行ってみると、鮮魚のコーナーに人だかりができていて、発泡スチロールの箱に魚が丸ごと並べて売られていました。
ブリ、タイ、カツオ、スズキ、ヒラメ・・・
その日の水揚げによって並ぶ魚の種類も値段も変わるようです。

様子を見ていると、いかにも慣れた感じのおじさんが鰤(ブリ)を買って
「半身は刺身用に、あとは焼物用に、アラもつけてや」
と注文していました。
出来上がってきたものを見ると、半分は刺身用の柵に、あとの半分は皮をつけたままの切り身にしてありました。
へぇ、そんな買い方ができるんや、と知りました。

春は桜鯛、初夏の産卵に向けて栄養を蓄えていておいしいとされます。
この日は養殖の真鯛が1,380円、天然物は1,500円で並んでいました。
全部お刺身にすると7〜8人前くらいはありそうな大きさです。

調理の仕方の注文、ちょっと緊張します。
そう言うわたしにB男くんは
「豪気ななりして、何をビビってんねんやら・・・」
意訳すると
『ええトシして、おまけに大きな身体つきしてるくせにノミの心臓かよ』
くらいの意味。

ほっといて!

「半分はお刺身に、あとはしゃぶしゃぶにするから、え~っと」
「全部柵にしときましょな」
こちらの希望を理解してくれた店員さんに感謝。

養殖は柔らかめ、天然は荒波を泳いでいるから身が締まっていると言われます。
この日は養殖にしました、どちらがおいしいとかじゃなくて好みの問題です。
半分をお刺身と鯛めしです。

Img_4827
翌日、残り半分は薄切りにしてしゃぶしゃぶ。

Img_4713

これがまたおいしい。
こうして、すっかり鮮魚市のファンになったわたしたちは翌週も行きました。
色々ならんでいましたがやっぱり鯛が安くて食べ応えありそう。
この日は天然ものにしました。

「全部柵で、アラもつけてください」
ふふふ、2回目は慣れたものです。
隣で様子を見ていた若い夫婦に見せつけてやりました。

Img_4932

この日の刺身はサラダ風にしましたが、なんといっても美味しかったのはアラ煮と鯛めしです。
鯛めしはあらかじめ鯛に塩をして焼いてから生姜と一緒に米の上に乗せて炊くとおいしいです。

孫のAちゃんは鯛めしが大好き、あねこは鯛を買ったら鯛めしの他に昆布じめにしたりするそうです。
あら、それはおいしそう、我が家でもやってみよう。
しかし、そろそろカツオもおいしそうなんですよねぇ・・・。

| | コメント (0)

2024年4月10日 (水)

かれこれ半年がかり 

とりかかりは去年の秋だったと思います。
実家の母の様子を見に行って、編み物が得意(だった)の母にモチーフのつなぎ方を聞こうとしたのが昨年の10月だったから、かれこれ半年かかりました。
目指すはカーディガンと言うわたしに
「ようそんな大層なもんに手をつけたなぁ、最後までできるか?」
と心配されました。

Img_37

しかし、途中でベストになるかもしれない、いや、座布団カバー、いやいや、鍋敷きになるかもしれない。
あれから、ヒマを見つけてはひとつ、またひとつ、少し丈が足りないからもう1段・・・

モチーフを編むのはそれほど手間ではありません。
1時間くらいでひとつ編めるから、キリのいいところで終われます。
しかし、その後のつなぐ作業と裏糸の始末、これがえも言われぬめんどくささ。
途中で毛糸がなくなり、お店で入荷未定と言われて放置したこともあり、そろそろ桜の便りが聞かれるころになってやっと完成しました。

Img_4839

先日の休みの日、完成作を母に見せに行きました。
「え?まだやってたん?よう頑張ったなぁ、えらいえらい」
90歳過ぎの母に褒めてもらう60歳をはるかに過ぎた娘。
これを着るのは次の冬です。

ところで、このカーディガンを母に見せに行こうとした日、折りしも豪雨で、次の休みにすると言うわたしにB男くんは
「そういうときはえてして、あのとき行っといたらよかった、となるもんや、予定どおり今日行った方がええと思うでぇ」
と言いました。
そんなこと言われて、行かなかったら万が一のことがあるかもしれない。
しかし、最近のわたしは無理をしない、明日できることは明日に、と言うことを信条にしています。
迷った末に思い切って行きました。

あれから半月、今のところあのとき行っといてよかった、という事態にはならずに済んでいます。

 

| | コメント (0)

2024年4月 6日 (土)

断捨離のあと始末

帰省中のう~じんが2階の物置を片付けようと提案しました。

え・あ・・それは・・・

この家に住み始めて以来、使わなくなったもの、邪魔なもの、子どもたちの学校での作品やおもちゃなどなど、とにかく物置へ放り込んでドアを閉め、気持ちに蓋をしてきました。
そこへメスを入れようと言うのか。

「お父さんとお母さんが元気なうちにやるしかないっしょ」
う~じんのご意見はごもっとも、こうして我が家史上最大の断捨離が始まりました。

休みの日、ちゃっちゃと朝食を済ませ、気合を入れて3人で片付けを始めました。
全部出して、残すものと捨てるものに分ける。
ほとんどが捨てるもの。
そんな中で問題になったのがお雛様です。
人形、小物、7段あるスチール板など、大きな段ボール箱が3つあります。
捨てようと言う父娘に対して、残すと言うわたし。
供養をして処分してくれる近くのお寺を見つけたう~じん。
過去2年使わなかったものは捨てると言う断捨離の鉄則に沿ってみても、お雛さんには毎年お出ましいただいてます、お内裏さんとお雛さんだけだけど。
まだお嫁に行ってない娘がいるのに捨てられません。
結局、これに関しては引き続き協議となりました。

子どもたちの作品や賞状は写真に撮り、捨てる袋へ。

「これ、何に使うの?」
わたしのお嫁入りの日に使った朱色の蛇の目傘です、う~じんが無理して開いたからところどころ破れて、破れ傘刀舟のしとしとぴっちゃん状態です、あっはっは。

Img_41

「懐かしいな、これ」
あねこが大好きだったミッキーのジグソーパズル、段々とピース数が増えていきました。

Img_4187_20240406155501

これはあねこの手作り作品、他にも卒業アルバムに載せるためのクラス全員の似顔絵も出てきました。
ちまちましたことが好きな子でした。
あねこは結婚するときに自分の部屋を片付けていきましたが、多分物置に突っこんで「全部片づけた」と言っていたものと思われます。

Img_4876

う~じんの作品、わたしが手を貸したのかと疑いましたが、学校で書いたと言います、上手に書けてます。
今、わたしが筆を持ってもこれより下手くそだな、きっと。

Img_48
教科書、図鑑、剣道の防具類、スーツケース、テニスラケット、ゴルフセット、惜しみなく捨てると判断。
祭りの提灯、客用食器類、じっくり見てたら愛着が湧くものばかりですが、冠婚葬祭の様式ががらりと変わり出番のないものばかり。

夕方には燃えるゴミとプラごみの袋が56袋、業者に引き取ってもらわないといけないゴミが10数点できました。

Img_4931

分解して分別するのが大変でしたねぇ。
この作業に2~3日かかりました。
特におもちゃは木、プラ、金属の混合ででできているものが多く、面倒でした。
こうして燃えるゴミなどは、自治会のゴミ集積所に数回に分けて出し、粗大ゴミは処理券を買って業者と連絡を取り、引取りの日を決めて先月末、ようやく和室二間を占領していたゴミが処分できました。
長4畳くらいの物置によくもこれだけ詰め込んだものだとあきれ返りました。

と、まるでわたしが段取りしたように書いていますが、処分は全部B男くんがやってくれました。

before

Img_4205

after

Img_4208

おお、奥まで歩いて行ける。

ゴミの出し方が面倒で延ばし延ばしになっていた物置の断捨離、なんとかごみは全部処分できました。
結論、断捨離は後始末が大変だと言うことです。

 

| | コメント (2)

2024年4月 3日 (水)

いいまつがい

このシリーズも今回で5回目となりました。
前回から間隔が短いのは、B男くんの言いまちがう頻度が増したタマモノだと思われます。

😃ワークマンで売ってるワーキングシューズが人気らしい。

そりゃ、ワークマンやねんからワーキング用の靴を売ってても不思議やないですわなぁ。

😃つま先が上がってて、底がちょっと前に傾いてるんや、な?歩くのに最適やろ?

この前に、ウォークマンで売ってるウォーキングシューズとか言ってましたから言いたことは明らか、ワークマンで売ってるウォーキングシューズってことです。

ここからはNHK特集です。

😃ドキュメント27時間って面白いなあ。

27時間やったら1日と3時間で終わりますがな、これはドキュメント72時間、3日間取材しますんやでぇ。

😃今週のファミリーストーリーは石川佳純ちゃんや、録画しようっと。

ファミリーヒストリーとアナザーストーリーがごっちゃになってますね。

😃今日のカムカム泣けたわ・・・。

言い直し!
ギブギブ・・・
あかん、言い直し!
ブギブギ・・・

底なしですわ。

 

| | コメント (0)

2024年3月30日 (土)

手すり

我が家の階段には手すりがついていません。
この家に住み始めたときわたしたち夫婦は30代前半、手すりの必要性など微塵も感じていませんでした。
階段は回り階段で、万が一落ちても下まで転がり落ちることはないだろうとタカを括っていたのです。

しかし、3年前の春にわたしは階段を滑り落ちて、頭と肋骨を打ち病院へ走りました。
幸運なことに大事には至りませんでしたが、以来ずっと手すりの必要性をB男くんに訴えてきました。
最近、階段が怖いんですよ。

「壁の中に柱がないとネジが打てない」
「素人では無理」
などとなかなか腰を上げませんので、怒ったわたしは自分でDIY店を回りました。
そこでやっとB男くんが工務店に相談し始めました。
現場を見にきてくれる日取りが合わないらしい。
「ええよ、自分でするから」
奥さんの本気度に気がついたB型人間は電動のドリルを買ってきました。
その後、2人でDIY店を回り、希望の長さに棒をカットしてもらい、金具を買って・・・この金具がそこそこ高くて1個1,000円ほどのものを6個、材料費は全部で1万円弱でした。

こうしてやっと回り階段3ヶ所に手すりがつけられました。
所要時間1時間ほど。
やっぱり電気ドリルの扱いはわたしの方が上手で、ネジはイッパツで取り付けられます。
B男くんはネジ頭からドリルの先を外したりしてあちこち小さな傷をつけていたけど、それを言うとヘソを曲げるので、黙っておきました。

Img_4755

Img_4757

この金具、色が違います。
ゴールドの方で揃えようとしたのですが数が足りず、入荷を待とうというわたしに、だあれも見いひん、これでいいと言うB男くん、今までさんざん待たせておいて、ここに来て急ぐ?
ま、ええわ、そのうち慣れるやろ。

物理的に安全安心なことは言うまでもありませんが、気持ち的にもとっても安心できます。

| | コメント (0)

2024年3月27日 (水)

足湯から~の街の銭湯

先月、豊洲市場にできた食と温泉の商業施設『千客万来』は、関西でもやたらテレビ番組で宣伝しているので、興味津々行ってみました。

Img_4745

道路を挟んだ向かいには朝食バイキングが豪華で有名なホテルラビスタがで~んと。
函館のラビスタでは朝から海鮮のネタをいやというほど食べましたが、ここでも市場から仕入れたものを朝食に出しているようです。

Photo_20240323103901

さて千客万来、市場の海鮮が食べられる、お手ごろな価格で食べ歩きができる・・・とテレビではレポーターが言ってましたが、やはり食べるものは少し高いと感じました。
円安でお得に旅行を楽しむ海外の人はどう見るか分かりませんが、高い上に人気のお店は行列、入場制限していました。

Photo_20240323111601

ひととおりぐるりと巡ったあと、8階へ上がり無料の足湯を使いました。
東京湾が一望できるいいロケーションです。

Photo_20240323103902

Photo_20240323103905

「ええ気持ちやねえ」
「足湯だけじゃ満足できひん」
「今夜、スパにでもいく?」
「銭湯がええなあ」
「タイルで富士山とか描いてるとこ?」

すぐに意見のまとまる我らは夜、う~じんのマンションから歩いて行けるところで銭湯を探して、ぶ~らぶらと出かけました。

Photo_20240323103904

『天然温泉』の看板、入浴料は530円です。
興味深かったですねぇ。
入り口はひとつで番台のある休憩所まで男女一緒、この先の暖簾から男女別の脱衣場です。
『おかみさん時間ですよ』と違いここは番台から脱衣場は見えません、着替えや持ち物は鍵付きのロッカーに入れます。

いざ、お風呂へ。
あれ?石鹸がない、シャンプーとトリートメントは持ってきていましたが石鹸がありません。
コートを羽織り番台へ行き30円で石鹸を買うはめに。
古い銭湯ですが、酵素風呂や電気風呂、サウナもあります。
黄色いケロリンの洗面器も積み上げてあり、銭湯情緒たっぷり。
タイルの絵は関東に多いとされる富士山ではなく、東海道の宿場町の絵でした。
人が少ないのでゆっくりと入り、充分に温まりました。

湯上り、外国人の観光客と思しき若い女性が牛乳を飲んでいます、定番の光景だわ。
ゆっくりとジャパニーズカルチャーを楽しんでね。
う~じんは毎日シャワーだけで湯船にお湯を張りませんので、手足を伸ばしてゆったり浸かれる銭湯がとても気に入った様子、また来よう、ひとりでも来れるわと言ってました。

帰り道、コンビニでアイスクリームを買ってぶ~らぶらとゆっくり帰りました。
寒い夜でしたが湯冷めすることなく、ポカポカでした。
「楽しいねぇ、おかあしゃん」
いつまで母娘でこんなお気楽なことができるかわかりませんが、そろそろお嫁に行ってほしいようなそんなことどうでもいいような、ほんわかな気分でした。

こうしてわたしたち母娘は3泊4日の休暇を満喫しました。

| | コメント (0)

2024年3月23日 (土)

感動のラーメン

日本テレビ系の関西ローカル局は読売テレビです。
日曜午後の『そこまで言って委員会』は政治経済、世界の諸問題から巷のニュース、芸能界のあれこれなどあらゆるジャンルのテーマを政治家、評論家、タレントなどのパネリストが掘り下げる番組で、関西だけの放送、首都圏では放送されません。
特記すべきは、パネリストの偏見に満ちた発言や毒舌などで、ときにパネリスト同士の口論から退場となることもあります。

このパネリストの中に竹田恒泰氏がいます。
旧皇族の竹田家の出身で明治天皇の玄孫にあたり、元日本JOC会長の竹田恒和氏の息子さんです。
この方の発言が超建設的で鋭く、ときにゆるゆるでおもしろい。
以前、このスタジオ見学の抽選に当たって行ったときに竹田さんが出演しておられ、その物腰の柔らかさ、お辞儀など所作の美しさは特筆ものでした。

その番組の中でときどき出てくるラーメン店の経営云々、それは笑点の木久蔵ラーメンほどではないですが、ちらちらとサブリミナルのようにわたしの意識の中に刷り込まれました。
調べて見たら『利尻昆布ラーメンくろおび』というラーメン店を経営しておられることがわかり、同じくパネリストの須田慎一郎氏がやたらおいしいというので、気になっていました。

行きましたよ『くろおび虎ノ門本店』
行列覚悟のお店らしいので、お昼を少し外して行ったのですが、それでも15分くらい待ちました。

わかりやすいお店です。
須田さんのポスターがバーンと貼ってあります。

Photo_20240320113801

この店の特長は、スープには利尻昆布を中心に国産の材料を使っていること、化学調味料を使ってないことです。
う~じんはくろおびラーメンの塩、わたしは醤油にしました。
最初に澄んだスープをひとくち、う~ん、2人でうなりました。
アッと驚く為五郎の表情の人。

Img_4709

あっさりしているのにコクがあり、塩分もよい加減でとてもおいしい。
昆布に無添加のスープと言うと、何か物足りないように想像していましたが全然そんなことはなく、本当においしい。
わたしはあまり外でラーメンを食べないのですが、これは極上の味わいです。

Img_4600

トッピングのチャーシューはバラとロースの2種類でとろとろ、お箸でつまむととろんと落ちそう、さらにメンマは穂先の柔らかい部分がたっぷり、とろとろ玉子もエビワンタンも言うことなしです。
隣の席の外国人男性はラーメン+チャーシュー丼を食べていました。
確かにこのチャーシューはご飯と一緒に食べたい気がする、わかります。

Img_4515

お茶はうぶすな茶と言って、国産無農薬で栽培された植物24種がブレンドされています。
割り箸は国産杉を使ってます。
竹田さんらしい国産へのこだわりが随所に現れています。

とにかく、外食の麺類では塩分過多とならないようにスープを残すようにしているのですが、これはペロンと全部飲んでしまいました。
これだけ食べにまた東京へ行きたいと思う今日このごろです。
 

 

| | コメント (0)

«明治神宮