2024年5月24日 (金)

想定外

初孫のAちゃんは産まれるとき、減っていく羊水の中に長くいたので感染症にかかり、また肺に水が溜まり、それらの治療でしばらく入院を余儀なくされました。
当初、あねこは産後すぐに我が家へ帰って養生する予定でしたが計画変更。
子どもを病院に置いてひと足先に退院したあねこは、自分の家で養生しながら母乳を搾ってAちゃんの入院する病院へ運ぶ日々が続きました。

でも、何かあったときのためにお産を総合病院ですると決めてよかった、産科と小児科の連携がスムーズでひとつの病院で済んだからと安堵してました。

さて、今回のお産も同じ病院でした。
Aちゃんの保育園のこともあり、退院後は産休・育休取得のはる男くんと一緒に自分の家で過ごす予定でした。
今度は出産も産後も至って順調で問題なく退院できる予定でした。

しかし、家ではる男くんとふたりで待ってるAちゃんがRSウイルスと言う流行の風邪に感染してしまったのです。
この病気は特に珍しいものではなく、大概の子どもは感染したりさせたり、さらに何回もかかることがあるそうです。
ところが、新生児が感染すると重篤な事態になることが多く入院を余儀なくされることから、Aちゃんとこのたび生まれた新生児のNちゃんを隔離しなくてはならなくなりました。

そこで、あねことNちゃんだけ我が家へ避難してくることになりました。
さあ大変。
和室を片付け、畳を拭いて、エアコンの掃除をして、布団を出して・・・これがまた急に決まったことなので仕事から帰って夜に、夫婦ふたりで頑張って部屋を整えました。

こうして週末、B男くんとわたしは、退院するあねことNちゃんを迎えに行き、超安全運転で帰って来ました。
我が家には「ほほげぁほほげぁ」と言うにぎやかな泣き声が響きわたっていました。

Photo_20240524140401

チャイルドシートをはる男くんの車から我が家の車に乗せ換えるため、ちょっとだけ寄ったあねこの家、パパとお留守番が続くAちゃんは、初めてのマスクを嫌がらずにしておりこうでした。

Img_5535
しかし、想定外な出来事はこれで終わりではありませんでした(次回へ続く)。

| | コメント (0)

2024年5月18日 (土)

ふたりめ

あねこが2人めとなる男児を無事に出産しました。

昨年の秋ごろ妊娠がわかり、予定日はAちゃんの誕生日ごろ・・・などと言うことをここに書いたとばかり思っていましたが、どこを探してもそんな記事は見当たりません。
お正月過ぎに帰省したとき、すでにあねこのお腹は戌の日を過ぎていましたが、まったく大きく見えないし、安産祈願の中山寺にも家族だけでお参りしたと報告があったので、ふたりめが生まれると言う実感がわたしにはあまりありませんでした。
それでもきれいな目の子が生まれるようAちゃんのときと同じようにアワビのつがいだけは贈りましたけど。

GWにAちゃんのお誕生祝いを持ってあねこの家に行ったとき、ぽこんとしたお腹をしていましたが下がってる気配はない、すでに産月なのに身軽に動いて車の運転もしているし、まだまだだなと思っていました。

今週初めの朝
「陣痛か単なる腹痛かわからんけど、前回の出産がスピーディーだったから、今回は早めにくるように言われてる、帰されるかわからんけどとりあえず病院へ行ってくるわ」
とLINEが来ました。
病院へ行って装置で測ってもらうと陣痛は5分おきに来ているらしく即入院となりました。
お昼ご飯を食べたら分娩室へ入りますと言われ、このときも
「まだあまり痛くないけど、行ってくるわ」
とLINEが来て1時間もしないうちに
「さっき産まれた、産むときは痛かったけど、子宮口が全開してから早かったからあんまり痛くなかったししんどくなもなかった」

え?
もう?
何と楽なお産。

ひとりめのときはわけがわからない中、痛くてしんどくて、もういややと思ったそう。
その痛さを知ってしまうとふたりめは恐ろしさしかない、と言っていましたが、本人も拍子抜けするくらいに安産でした。

この日はうーじんの誕生日「へへへ、子分だな」と叔母も喜んでおります。

そんなこんなでわたしたち夫婦は孫にお金がかかるので、まだまだ一生懸命働くことを誓います。

| | コメント (6)

2024年5月15日 (水)

『金と銀』ふたたび

「今日の服はこぉとだすやろか、職場のみなさんきれいにしてきやはりますよって、なんや気ずつのうおますわ」
「は?何言うてんねん、早よう行かな遅刻するで」
「へえ、ほな行て参じます」

『あきない世傳金と銀』全13巻プラス特別編2巻、1ヶ月足らずで読み終えました。
読書にこんなに没頭したのは珍しいことです。
『あきない世傳』の意味は、特別編のラストでやっと出てきます、なぁるほど・・・ってことでした。
わたしは今、天満の呉服商五鈴屋の世界にどっぷり、五鈴屋で女衆(おなごし)として働きたいくらいです。
なのでこんな話し方をしてB男くんに呆れられています。

話は変わりますが映画『鬼平犯科帳・血闘』を観てきました。

Img_5407_20240515154001

映画の中、町の呉服屋さんの暖簾に『呉服太物商』と染め抜かれているのを見つけて
「呉服って言うのは絹で、太物と言うのは木綿のこと、ここは両方扱う店やで」
と隣のB男くんに教えてあげたくなったり、簪(かんざし)の片方が耳掻きになっているのを見つけては密かに
「紅屋さんの商品やな」
と思ったりしてひとりウケていました。

さらに
「そやさかい女衆は口入屋より身内の親戚やら知り合いやらから雇わなあかんっちゅうことや」
「あの女帯の結び方はお竹どんが指南した角出し結びやおまへんか」
もう、ストーリーそっちのけでした。
あ、いやいや、ストーリーも大変おもしろかったです。
北村有起哉さんが、どうしようもない悪いヤツを好演していました。

「幸四郎はん、お父さんを超えられるようせいだい精進しなはれや」
まだ言うてるわ、あっはは。

*画像は映画のHPからお借りしました。

| | コメント (0)

2024年5月11日 (土)

ふたりBBQ

堅物のB男くんはGW中、1日だけ有給休暇を取った以外はカレンダーどおりに出勤していました。

なので平日は帰省中のう~じんとふたりでのんびり過ごし、よく晴れた一日、お隣の三重県にあるさつきやつつじが美しい余野公園へ出かけました。

わたしが子どものころ、GWと言えばこの公園か京都の植物園へ出かけるとほぼ決まっていました。
当時はBBQなどする習慣がなかったので、母の作った巻きずしやいなりずしのお弁当持参です。
お弁当を食べて芝生の広場でキャッチボールをするだけだったのになんであんなに楽しかったんだろう。
前夜、雨が降りませんようにと兄妹で祈りながら布団に入った、古き良き昭和時代です。

さて令和の現代、折りしもGW中はつつじまつりの開催時期で、広い芝生の広場を囲むように自生するつつじは満開でしたが、平日と言うこともあり子ども連れがいなくてとても静かでした。

キャンプOK、都会のオートキャンプ場と違いまったく密集していません。
それぞれが好きな位置に好きな方向でテントを張っていました、無料です。
カセットコンロ使用ならBBQもOK、無料です。

わたしたちはお昼のBBQだけの用意、車から近くて適度な木陰に陣を取るとお昼まで少し間があったので、小高い丘に続く小径を散策したり・・・

Miyi1

SLの展示を見たり乗ってみたりして・・・

Img_5329

お昼にしました。
池には魚がいるようで、久しぶりのいいお天気にはしゃぎたいヤツが、文字どおり跳ねっ返っていました。

Img_5266

Kmk

一番近いテントの主は若い男性のソロキャンプのようで、テントを張り終えると椅子を倒して本を読んでいます。

鳥の声しか聞こえない。
わたしの野外活動のおとも、バードコールを鳴らしてみたら、田舎の純朴な鳥たちが怖がりもしないで近くの木々に集まってきました。

Img_5328

日々田舎で暮らしているわたしにとっても気持ちのいい時間、都会で働くう~じんは静かな感動、自然を満喫した一日でした。

 

 

| | コメント (0)

2024年5月 8日 (水)

関ケ原古戦場記念館

今まで何度か関ケ原の古戦場に行き、西軍の石田三成が陣を構えた笹尾山に登り合戦場を見渡してきましたが、今回は『関ケ原古戦場記念館』へ行ってみました。
GW中の平日、少しお天気の悪い日ということもあり道路は空いていました。

Img_5243_20240508123801

岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原といういかにも古戦場らしい所在地名です。
合戦当時の関ケ原は、周囲を小高い山に囲まれた広い盆地で、農業を生業とする村人が7つの村に分かれて住んでいました。
合戦により収穫前の田んぼは荒らされるので、村人はまだ実の詰まってない稲を刈り取り、家を残して山の上に避難し合戦の模様を見ていたそうです。
今では鉄道が通り、民家や工場などが点在する静かな山あいの地域です。

記念館は、入場料500円という良心的なお値段。
グランドビジョンで床に映し出される天下分け目の合戦に至る様子や東西陣営の俯瞰図、ちょっと目が回る。
その後はシアターで激突が展開される合戦の様子を見るのですが、このとき合戦の地にまぎれ込んだかのようにリアルに敵が迫ってきたり、馬が飛び越えて行ったり、座っている椅子が揺れたりして迫力満点。

抜け駆けする井伊、万事休すの大谷、動かない小早川・・・
歴史好きにはたまらない内容となっています。

その後は展示階から最上階へ上がり、360度関ケ原の街を見下ろします。
眼下には床几場と言われる徳川家康最後の陣跡が当時の配置のままあります。
石田三成の陣、笹尾山。

Img_5234

おもしろかったです。
しかし、もっとおもしろかったのは、記念館に併設されたレストランのメニューのネーミングです。

Img_5241
特に笑ったのは・・・

ハヤシライスとカレーライスの『天下分け目の戦い』

Photo_20240508123801

定番のカルボナーラを裏切る味噌パウダー小早川の寝返り『裏切りカルボナーラ』
小早川秀明はとことん裏切者キャラで、400余年が経ってもこのような形でパスタに命名されています。

Zxc

東軍は牛そぼろを赤味噌で、西軍は鶏そぼろを白味噌で味付けしたまさに関ケ原カレー決戦の『悪戦苦闘足軽カレー』
このカレー、飛ぶようにとは言いませんけど、そこそこ売れていました。

Asd
大谷吉継の頭巾に見立てた白いパスタ『大谷吉継きのこのパスタ』は早々に売り切れですって。

Fgh

スイーツに至っては『石田三成乱髪パフェ』とか『徳川家康たぬき親父パフェ』とか、よく知恵を絞ったものだと思います。

Qwe

注文するお客さんも、ネーミングに忠実に注文しています、わっはっは。
わたしたちはお昼を済ませて来たのでスイーツを注文しましたけど
「島左近鬼アフォガードひとつください」
って言いながら笑えてきました。

Img_5352

記念館は興味深い展示やシアター、レストランも斬新な内容、関ケ原という歴史の大舞台を抱えうまく運用している自治体と企業の努力のあとが見て取れ、たっぷりと楽しめました。

| | コメント (0)

2024年5月 6日 (月)

飛び出し坊や愛

GW前半はぐずついたお天気続きで、お出かけの予定を変更しなければなりませんでした。

そんな1日、東近江市で開催されている『飛び出し坊や生誕50年展示会』(生みの親である久田泰平氏スケッチ展も同時開催)に行ってきました。

T1
最近のう~じんは、この飛び出し坊や(以下「坊や」と略します)の看板を見て「愛くるしい」などと愛でまくっております。
職場のデスクの上のメモスタンド、スマホの指リングなどなど、身の回りに小さな坊やを置いて密かに癒されているそうです。
会場となる東近江市の能登川博物館の駐車場には他府県ナンバーの車がちらほら、会場は図書館に併設された小さな博物館で、普段は民俗資料が常設展示されているようなところ・・・にもかかわらず数組の来館者がおられます。
「ほらね、この子は人気者なんや」(う~じん)

Img_5306

基本の飛び出し坊や、堂々のガラスケースに展示。

Img_5305

進化した、あるいは特化したバージョン

Img_5302
もはや、子どもの飛び出しを抑制するという観点を見失いそう。

Img_5303

 ご丁寧におトイレの案内板にまで・・・

Img_5307

歴代の坊や、制作の過程などなど、坊や好きにはたまらない展示となっているようです。
ベニヤ板を型どおりに切り取って色を塗るだけではなく、表面を平らに、また色があせないように工夫と手間がかかっています。
なにもわざわざ見にこなくても、滋賀県では街中の路地、交差点に溢れるくらい坊やの看板はあるのに、推しによるとこの展示はまた格別の内容らしいです。

最近はまがい物も多く、かわいくないものやお口がにっこりと笑っているものも街中で見かけます。
しかし、この基本形の坊やは顔と身体の比率や表情など、やはり考え抜かれた逸品です。
この記事の中にもおくちがにっこりとしているものがひとつあります。
わたしは気付きませんでしたが推しのう~じんはすぐに見分けました。

風雨の中のお出かけでしたが、う~じんは大満足でありました。

 

| | コメント (0)

2024年4月24日 (水)

『あきない世傳金と銀』

我が家では、日曜日の夜にNHKの大河ドラマを観るのを楽しみにしています。
地上波ではなく午後6時からBSで観ます。
このために5時過ぎから順番に(・・・って言ったってふたりだけど)お風呂に入り、夕食の下準備をして、笑点で一之輔と宮治が口論を始める大喜利の終盤にはテレビの前にスタンバイ、登場人物の名前が覚えにくいので、字幕を出して準備もOK。

あ、話がそれました。
このBSの大河ドラマの後に時代劇があります。
たいがい少し前のドラマ、雲霧仁左衛門だったり赤ひげだったり鳴門秘帖だったりの再放送ですが、あるとき再放送ではない、明るい画面のドラマが始まりました。
小芝風花ちゃん主演の『あきない世傳(せいでん)金と銀』です。
B男くんはお気に入りの女優さんにはちゃん付けです、小芝風花ちゃん、瀧本美織ちゃんなど・・・。

Img_5127NHKサイトからお借りしました。

またまた、話がそれました。
主人公の幸は学者の子として生まれたものの、家の没落により9歳で大阪の呉服商五鈴屋に女衆奉公に出ます。
女性に知識や教養は要らないと言われた時代に幸はその商才を見込まれ、ピンチの五鈴屋を救い、廃れる家系を守って、商人として成功していく痛快時代劇です。

幸はイケイケドンドンの娘ではなく、控えめで思慮深く、次々商売のアイデアを思いつく、さらに田舎の地味な小娘が、都会の水に洗われてだんだん美しくなっていく、やがて店主の・・・しかし店主は・・・次々と店主は・・・
ドラマはほんの初期の源流編を描いて昨年末に放送終了となりました。

あまりにもおもしろいので原作本を買いました。Img_5125
作者は『みをつくし料理帖』など書かれた高田郁さん、こちらも黒木華さん主演でドラマになりました、わたしは観ていませんが。
小説『あきない世傳金と銀』は全13巻、特別編が2巻。
ただいまわたしは7巻目、江戸店を出した幸が大阪と江戸の文化や生活習慣の違いを乗り越えて手腕を発揮するところです。

わたしが本を読むのはカサの低い文庫本だけ、しかも通勤の電車内だけでしたが、これは食事の間も夜布団に入ってからも読んでしまいます。
激動の運命に立ち向かう幸、がんばれ、その名のとおり幸せをつかみなはれや。

と、言うことで原作もドラマもおすすめです。

| | コメント (0)

2024年4月20日 (土)

48歳から20歳若返るメイク

Instagramを見ていると、年齢不詳の女性がすっぴんでダンスをしながら登場して、その後メイクをしていく様子の動画があり、メイク前とメイク後のあまりの変化の大きさに繰り返し見てしまうことがあります。

メイク前、こんな感じの女性です。

M2

いくつかパターンがありその都度髪型や衣装は変わりますが、最初に必ず顔全体にたっぷり泡をつけて洗顔します。
この間も踊っています。

M3

ファンデーションを塗り、白や黒で陰影をつけ、眉毛を描いた次・・・ここ!ここ!

M4

ここで別人と入れ替わっているのではないかと疑うほど目が大きくなっているのです。

M10

仕上がり、全くスッピンの面影はありません。
48歳とはとても思えません、お見事です。
ちょっと性別不明の絵になってしまってすみません。
実物はもっときれいです。

M6

InstagramやyoutubeやTiktokで『48歳のおばさん メイク』などで検索してみてください。

| | コメント (2)

2024年4月17日 (水)

たけのこ

たけのこの季節が近づくと実にそわそわします。
スーパーに出回る初物は赤子の握りこぶしくらいの大きさで1,000円超え。
ふ~んと通り過ぎ、以来スーパーへ行くたびにお値段をチェック。
だんだん大きくなってきて、お値段は下がってきます。
まだまだ・・・
ほどよい大きさで500~600円くらいになるとやっとお買い上げです。
これ以上大きくなると固くなり廃棄の部分が増えて、いくら安くてもおいしくない。

先日はイオン系スーパーで498円をふたつ買いました。
だいたいたけのこの売り場にはアク抜き用のヌカが置いてあるものですが、なかったので、そばにいた店員さんに聞いたら
「すみません、ないんです、こないだまでは入ってきてたんですけど、ちょうど今なくて、今度必ず入れときます」
このやりとりをそばで聞いていた女性、持ったたけのこを売り場へ戻しました。
最近ではコイン精米機にもお持ち帰り用のヌカは置いてません。
たけのこだけ売ってアク抜き用のヌカがないって、やっと見つけたトイレに入って用を足したはいいが紙がない、みたいなもんじゃん、え?ちょっと違う?

しかし、わたしは知っています。
漬け物用のヌカが売られていることを。
ふふふ、あったあった、ミョウバンや浅漬けの素と並んで、塩や昆布の入っていない米ぬかが198円。

こうして無事、大好きなたけのこご飯が食べられました。

95

実家の母の里には竹林があり、叔父が毎年たくさんたけのこを届けてくれて、わたしもそのおこぼれに預かっていました。
ここ数年は、叔父が病気がちとなり、自分では掘れないので
「好きなだけ掘って持っていっていいぞ」
と言ってくれてました。
そんな叔父も昨年、天国へ旅立ってしまいました。

先日、叔父の竹林のそばを通ったらわっさわっさと竹が伸びていました。
今、日本では放置竹林が増えて、成長の早い竹が樹木を覆い尽くし、日光が当たらなくなることで樹木が枯れ、根っこが横に伸びる竹の力では山の斜面を支えきれずに土砂災害が起こりやすくなると言う問題があります。

いくらわたしがたけのこご飯を食べても、水煮は国産しか買わないようにしても、とても追いつかない問題です。

| | コメント (0)

2024年4月13日 (土)

魚のおろし方を注文する

普段あまり行かないスーパーマーケットで鮮魚市をやってるとB男くんが見つけてきました。

どれどれ、週末に2人で行ってみると、鮮魚のコーナーに人だかりができていて、発泡スチロールの箱に魚が丸ごと並べて売られていました。
ブリ、タイ、カツオ、スズキ、ヒラメ・・・
その日の水揚げによって並ぶ魚の種類も値段も変わるようです。

様子を見ていると、いかにも慣れた感じのおじさんが鰤(ブリ)を買って
「半身は刺身用に、あとは焼物用に、アラもつけてや」
と注文していました。
出来上がってきたものを見ると、半分は刺身用の柵に、あとの半分は皮をつけたままの切り身にしてありました。
へぇ、そんな買い方ができるんや、と知りました。

春は桜鯛、初夏の産卵に向けて栄養を蓄えていておいしいとされます。
この日は養殖の真鯛が1,380円、天然物は1,500円で並んでいました。
全部お刺身にすると7〜8人前くらいはありそうな大きさです。

調理の仕方の注文、ちょっと緊張します。
そう言うわたしにB男くんは
「豪気ななりして、何をビビってんねんやら・・・」
意訳すると
『ええトシして、おまけに大きな身体つきしてるくせにノミの心臓かよ』
くらいの意味。

ほっといて!

「半分はお刺身に、あとはしゃぶしゃぶにするから、え~っと」
「全部柵にしときましょな」
こちらの希望を理解してくれた店員さんに感謝。

養殖は柔らかめ、天然は荒波を泳いでいるから身が締まっていると言われます。
この日は養殖にしました、どちらがおいしいとかじゃなくて好みの問題です。
半分をお刺身と鯛めしです。

Img_4827
翌日、残り半分は薄切りにしてしゃぶしゃぶ。

Img_4713

これがまたおいしい。
こうして、すっかり鮮魚市のファンになったわたしたちは翌週も行きました。
色々ならんでいましたがやっぱり鯛が安くて食べ応えありそう。
この日は天然ものにしました。

「全部柵で、アラもつけてください」
ふふふ、2回目は慣れたものです。
隣で様子を見ていた若い夫婦に見せつけてやりました。

Img_4932

この日の刺身はサラダ風にしましたが、なんといっても美味しかったのはアラ煮と鯛めしです。
鯛めしはあらかじめ鯛に塩をして焼いてから生姜と一緒に米の上に乗せて炊くとおいしいです。

孫のAちゃんは鯛めしが大好き、あねこは鯛を買ったら鯛めしの他に昆布じめにしたりするそうです。
あら、それはおいしそう、我が家でもやってみよう。
しかし、そろそろカツオもおいしそうなんですよねぇ・・・。

| | コメント (0)

«かれこれ半年がかり